恋愛・結婚

不倫相手の女性に言ってはいけないセリフ。悪気はなくても墓穴を掘る…

 恋愛ジャーナリストのおおしまりえです。
 不倫中の既婚男性というのは、恋人の女性に対して、多かれ少なかれ同じようなことを口走ります。ときにその一言は恋愛のスパイスとなり、ときにその一言は、男性の本意とは別のところで疑いの気持ちを強めることも。

スマホ

「俺の家庭は終わってる」


 今回は、よく言われる言葉の中でも「俺の家庭は終わってる」という、男性側の愚痴っぽい一言を取り上げます。

家庭の愚痴は、疑いと母性本能を目覚めさせる


 男性が不倫する背景には、家庭内での不仲や不満がベースにあることが多いです。不倫相手の女性と付き合った際に肉体関係の快楽だけでなく、癒やしや承認欲求を求めるのはそのためで、その心情は「俺の家庭は終わってる」という愚痴に表れています。

 これを聞いた女性は、まず同情心にも似た「この人は孤独なんだわ……」と母性本能を芽生えさせます。

 そもそも本気の不倫中の女性は、普通の恋愛と変わらない愛情を男性に抱いています。だからこそ、好きな人が自分といる時以外は孤独を感じていることに胸を痛め、そして今この瞬間は癒やしてあげたいという優しさに満ち溢れるのです。

不倫

「終わっていても、離婚はしないのね」


 女性を聖母モードにする言葉といえますが、とはいえ女性もバカじゃありません。頭の回る人や、交際期間が長くなり現実を知り始めた女性というのは、“キュン”としながらも同時に「終わっていても、離婚はしないのね」という、現実の状態も加味して、あなたの愛情を見定めることでしょう。

 不倫男性というのは、往々にして行動と発言が連動しないことがあります。それも理解した上であなたを愛する女性もいますが、とはいえこういった矛盾発言は多用するとあまり本来の効果を発揮しません。

 ロマンチストな男性ほど、女性を安心させたいがために「家(妻)はもうツライ。だからキミのことが好きなんだ」と匂わせ発言を多用しますが、行動との矛盾をはらんだ愛情表現は、使えば使うほどその特別感がなくなっていくので、ここ一番のとき以外は口に出さないほうがよいでしょう。

次のページ 
言ってはいけない女性への褒め言葉

1
2


ハッシュタグ




おすすめ記事