お金

月20万の副収入!一部屋を民泊にしただけで儲けてる人の方法

「どの部屋でも利益が上がるかといえば、それは間違い。立地や内装も重要なポイントです。民泊専門の不動産サイトには民泊可能な物件が掲載され、予想利益も載っていますが、90%以上の物件が実は民泊NGだったり、あるいは赤字になる物件と言われています。  そのため、私は部屋の選定からコーディネート、宿泊客とのやり取りまですべてコンサルに任せることにしました。彼に売り上げの10%、Airbnbに手数料3%ほど支払いますが、それでも月に20万円が手に残る。認可の取り方などコツはつかめてきたので、今後はこれを横展開していきたい」  一棟買いや売却益で稼ぐよりも、遥かにローリスクでハイリターンを狙える不動産投資法。検討の余地は大いにアリ、だ。
皆川賢太氏

皆川賢太氏

<皆川賢太氏が考えたこと> ・売買や賃貸の時代は終わり ・インバウンドの大波に乗る ・信頼できる専門家を頼る 【皆川賢太】 ’84年生まれ。本業はECサイト運用や広告業だが、不動産会社も経営するなど幅広く活躍。 <取材・文/週刊SPA!編集部> ※週刊SPA!2月19日発売号「金持ちが考えたこと一覧」特集より
1
2
週刊SPA!2/26号(2/19発売)

表紙の人/ SKE48

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事