エンタメ

高橋尚子が教える「東京マラソン完走」のために今できること

大島麻衣、高橋尚子

大島麻衣、高橋尚子

 2月21日、元AKBでタレント・大島麻衣とシドニー五輪金メダリスト・高橋尚子が、銀座『ASICS STORE TOKYO』のオープン記念イベントに登場した。「スタイル維持のために」とマラソンを始めた大島だが、なんと海外のフルマラソンを2度完走という実績の持ち主だ。

 大島がフルマラソンについて、「最初は気合いだけで走れると思ってたんですけど、23キロ過ぎから膝と腰にくるんです」と“20キロの壁”について語ると、「私はそれを『10キロには魔物がいる』と言っています」と付け加える高橋。「走るのが得意な人は、10キロぐらいで『今日は調子がいい』と思いがち。そうすると、20キロぐらいで急に足がピタって止まるんですよね。だから、最初はなるべく抑えることがフルマラソンでは大切」と2人のマラソントークは盛り上がる。

 イベントの最後には、高橋が26日(日)に開催される東京マラソンの参加者に対し、「焦っているひとも多いと思うけどここまで来て、焦っても仕方ありません」と、忠告したうえで具体的なアドバイスを贈った。

「今大事なのは、無理して距離を稼ぐより、体調を整えるのが1番です。できれば水曜日までは、お肉やお魚などのタンパク質。最後の3日間は、ご飯やおモチなど炭水化物を摂ると、エネルギーを溜めて走ることができます」

 真剣に耳を傾けていた大島も「私も準備をしっかりして、東京マラソンで走りたい」と3度目のフルマラソン完走に意欲をみせた。

大島麻衣、高橋尚子

ASICSの新作シューズ『33DREAMS』をPRする2人

 また同社では、今月2日から5月5日まで年齢や性別を問わずアメリカで叶えたい夢を持っている人を応援する『33DREAMS』キャンペーンを実施中。これについて大島は「私なら海外ドラマとか映画に出て、ハリウッドセレブになりたい! かな」と壮大すぎる夢を語り会場を沸かせた。 <取材・文/吉岡俊 撮影/林健太>




おすすめ記事