エンタメ

ついに卒業、HKT48・指原莉乃「卒業後にやりたい野望が…」

 大人気メンバーとして、劇場支配人として、長らくHKT48を支えてきた指原莉乃(26)が4月末に卒業を迎える。グループの今後を担う田中美久(17)と松岡はな(19)が去りゆく“グループの精神的支柱”に対し思いの丈を語った。
HKT48

(左から)松岡はな(19)、指原莉乃(26)、田中美久(17)。年長メンバーとは酒を酌み交わすこともあるという指原。「一期生の大人になった子たちとはお酒を飲んだこともあったけど、この2 人が現役のうちは間に合わなかったので、大人になってから、一緒にお酒を飲んだりしたいですね」

ついに、指原卒業――現役メンバーから「贈る言葉」

 いまやアイドルの枠を飛び越え大活躍を続ける指原莉乃が週刊SPA!4/9発売号の表紙に登場。4月末にはHKT48を卒業する彼女のラストシングル「意志」が4月10日に発売される。強い思いを歌う楽曲だが、曲げたくないマイルールなどはあるのか? 指原「毎日8時間寝ることかな。それ以下だと面白いことも言えないし、太っちゃうんです。サラリーマンの皆さんも、眠らせてくれない会社は勇気をもって辞めたほうがいいと思いますね」 田中「SNSでファンの方とのコミュニケーションを大事にすることです。どんなに忙しくても続けています」 松岡「落ち込んだときは、顔に出さないようにしています。気持ちが沈んだときは、面白い動画を見たりして、心を晴れやかにします」  田中と松岡はMVで指原からHKT48の旗を託される。意気込みは? 松岡「20歳になるので、さっしーさんみたいな大人な女性になりたい!」 指原「セクシーな曲でも、いつも同じ顔だもんね(笑)。そういう経験がないってことでファンは安心するけど」 田中「いつも莉乃ちゃんがライブを盛り上げてくれたので、今後は私がアオリ担当として盛り上げます!」

卒業後にやりたい野望

 指原にも、卒業後にやりたいと思っている野望があるのだとか。 指原「大分に住んでいた頃、ハロプロのメンバーと一緒のハワイツアーに行く人たちが、すごく羨ましかったんです。ハワイは無理だと思うけど、近場でファンの方とBBQをするバスツアーをやりたいと思っています」  今後も会いに行けるアイドルの精神は持ち続けてくれそうだ。 【HKT48】 福岡県を拠点に活動するAKB48の姉妹グループとして’11年に結成。HKT48へ移籍、劇場支配人としても活動してきた指原莉乃の卒業シングルとなる「意志」が4月10日に発売。カップリングの「いつだってそばにいる」は、「大人になった君に会いたい」という歌詞など卒業する指原視点の曲となっている。 撮影/中山雅文 ヘアメイク/佐藤陵 スタイリング/関口摩耶子 ※4/9発売の週刊SPA!「今週の表紙」より
週刊SPA!4/16 号(4/9発売)

表紙の人/ HKT48

指原莉乃、田中美久、松岡はな、3人のサイン入りチェキが3名に当たるプレゼントも
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

【Amazon.co.jp限定】意志(TYPE-A)(DVD付)【特典:オリジナル生写真付き】 CD+DVD

2019年第一弾シングル

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事