エンタメ

令和の国民的グループへ…キスマイが「ツアー総動員1000万人超え」を目標に掲げる

 Kis-My-Ft2が5月6日、全国ツアー「Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2019 FREE HUGS!」の東京ドーム公演を開催した。

 本公演を皮切りにスタートしたツアーは5都市13公演で59万1000人を動員。4月24日に発売された8thアルバム『FREE HUGS!』を引き下げて東京(5月6~9日)、埼玉(6月1、2日)、愛知(6月15、16日)、福岡(6月22、23日)、大阪(7月12~14日)で行われる。

『FREE HUGS!』は記念すべき平成最後のオリコンチャート1位を獲得。「音楽とハグ」をテーマにさまざまなアーティストとのコラボレーションが実現した。

 グルーグ曲「ルラルララ」はMrs. GREEN APPLEの大森元貴が作曲作詞を担当。そのほかソロ曲では北山宏光が I Don’t Like Mondays.、千賀健永が川畑要(CHEMISTRY)、宮田俊哉が林原めぐみ、横尾渉がビリケン、藤ヶ谷太輔が大沢伸一、玉森裕太が平井大、二階堂高嗣がDiggy-MO’とそれぞれタッグを組み、これまでのグループでの楽曲とはまた違った個性を持つ新曲が誕生した。

 そんなアルバムの魅力が詰まった今回のツアーでは、タイトル通り「ハグ」が演出にも多数盛り込まれたほか、「ルラルララ」の演奏では吹奏楽部の学生39人との共演も実現。少し緊張した面持ちの学生たちをリードするようにKis-My-Ft2のメンバーは思いを込めて歌い上げた。

 令和を迎えて初の東京ドーム公演となったことに対して、北山は「平成の最初(の東京ドーム公演)は光GENJIさん、平成の最後は嵐さん。歴史あるバトンを繋げたことが嬉しい」、玉森は「初物って嬉しい。そういうのをもっともっとキスマイで手に入れられたら」とそれぞれ心境を語った。

 デビュー8年目を迎えた今回のライブツアーで、これまでのツアーの総動員数が400万人を突破。それに対して藤ヶ谷は「(Kis-My-Ft2は)僕ら7人だけでなく、ファンのみなさんやスタッフのみなさんに支えもらっているアイドルグループ。次は500万人ではなく、1000万人を目指します」と力強く宣言。国民的グループとして、新たな時代を牽引するジャニーズのトップランナーとしての矜持をうかがわせた。

撮影/内田祐希





おすすめ記事