自己流の職探し【高齢者の団体に参加】

私の自己流の職探しはこれだ!
ハローワークに行くよりも最適だと、独自に考えた仕事探しの術を紹介していく。意外とこれら、使えるものばかりですよ!

◆高齢者の団体に参加
お偉いさんが多く集まる団体で就職のコネ探し!


「仕事を探したいなら、ハローワークより高齢者が多く集まるNPO法人の団体が行っているセミナーや講演会に通うほうが断然有利だと思いますよ」

 そう語るのは、現在就職活動中の野上聡史さん(仮名・37歳)。以前彼は、ワンマン経営で雇用保険にも加入していない会社に勤めていたが、体を壊してしまい一昨年6月に退社。それからというもの、さまざまな就職活動を行ってきたという。しかしなぜ、そんな高齢者が集まる団体へ通うようになったのか?

「失業した直後、時間を持て余していたので、本を読み漁っていたんです。そのとき、とある政治家の著書を読みまして。そこにこのNPO団体を発足したことが書かれてあり、興味を抱いたのがきかっけですね。大臣経験もある政治家が会長をしている団体なので、参加者には大手も含めて企業の経営者がゴロゴロいるんですよ。つまりその場所に顔を出せば、人脈作りもできるし情報収集もできる、就職活動にはもってこいの場所だと気付いたんです」

 もともと政治の世界で仕事をしてみたいと考えていた野上さんのその狙いは功を奏し、実際に団体の集まりで政治家と話をすることができたり、著名な教育者と手紙のやり取りをするまでになったそうだ。

「その人たちとの出会いや、団体でのセミナーが役に立ったのか、某政治団体の第一次面接も通ったこともあったんですよ。とはいえ、このご時世ですからなかなか内定とまではいっていないんですけどね(苦笑)。でも良い兆しは見えてきていると思っているので、今後も団体のセミナーにはしっかりと参加して、意図的に職探しのために有利な種をまいていきたいですね」

 そんな足しげくセミナーに通い続けた成果が、今年こそ実りそうだ。

― 目からウロコの[職探しの裏技]公開【3】 ―




おすすめ記事