恋愛・結婚

原田龍二みたいな男は多い? 実録・女性が興ざめした“雑不倫”

 ファンとの不倫報道が話題となっている俳優の原田龍二。「ホテルへ行かず車で行為に及び、終わったらすぐに帰る」という不倫相手に対する雑すぎる行動が女性達からヒンシュクを買っているという。
原田龍二

原田龍二オフィシャルブログ

 そんな中、「あそこまで酷くはないけれど、不倫で雑な扱いを受けて興ざめしました」と語る女性がいる。彼女達が「冷めた」と感じた『雑不倫』の内容を聞いてみた。

女性を非常階段から帰す男

 まず話を聞いたのは、都内の広告会社に勤めるリホさん(仮名・28歳)。相手の男性は会社の上司だったという。 「上司といっても一応役職に付いている人でした。でも仕事が忙しくてしょっちゅう会社近くのホテルに泊まっていたので、一緒に飲みに行くうちに不倫関係に発展しました。なので、私と外泊しても奥さんにはバレないので安心……と思っていたんですが、毎回、泊まるホテルはビジネスホテルのシングルだったんです。しかも、経費で落とせるように必ず領収書をもらう。そりゃ、今までシングルに泊まっていたのが急にダブルになったら疑われるかもですけど……」
非常階段

写真はイメージです(以下同じ)

 「さらに最悪なのはシングルルームに2人で泊まるのは禁止されているので、事が終わったらすぐに帰されるんです。それもホテルの人にバレないように非常階段から帰れとか言うんですよ? そんなことばかりしていたので、ついにホテルの人に見つかってしまい『うちはデリヘル禁止ですよ!』と怒られて。それ以来2度と行かなくなりましたね」

お金を一銭も出さない情けない男

 続いて話を聞いたのは名古屋在住の主婦、トモコさん(仮名・35歳)。不倫相手は同窓会で再会した大学の同期で、相手が東京に住んでいたため遠距離不倫だったという。 夜景 「不倫中は月に1回、東京旅行と旦那に嘘をついて会いに行っていました。でも泊まるのはいつも私が予約したホテルで、彼がお金を出してくれたことは一度もありません。しかも、よほど奥さんが怖いのか行為が終わったら終電でそそくさと帰るんです。こっちは一応ロマンチックなムードを味わいたいから、いつもそこそこ良い部屋を予約していたのに……。高層階で東京の夜景が一望できる部屋で1人でクイーンサイズのベッドで寝たときは泣きそうになりましたね」
次のページ 
行為中、バラエティ番組を観て爆笑する男
1
2





おすすめ記事