ライフ

休んでも疲れが取れない…「寝る前の1分」で脳の疲労をリセットする方法

 休日しっかり休んでも、毎晩きちんと寝ていても、ゆっくりお風呂につかっても、マッサージに通っても、何をやっても、どうしても疲れがとれない・・・という方。その疲れのとり方は、間違っているかもしれない。 疲労

体でなく脳が疲れてる?チェックリストで確認

 まずは、次のチェックテストを試してみてほしい(東京疲労・睡眠クリニック院長、梶本修身医師による)。 ====<チェックテスト>==== □ 毎朝、目覚まし時計やスマートフォンのアラーム音で目覚める □ 毎晩、ベッドに入ると5分以内に寝つける □ 夏でも就寝時にエアコンを消す □ いびきをかく □ 集中力が高く、何かに没頭するとまわりが見えなくなる □ 疲れたら栄養ドリンクをよく飲む □ ノルマを決めて運動するようにしている □ 仕事中、こまめに休むより、まとめて休みたい □ 熱めのお風呂に長湯をするのが好き □ 「今日だけタクシー」と思ってもがまんして歩く =======================  梶本医師によると、ひとつでもチェックがあったら、あなたは「体」ではなく「脳」が疲れているのだという。  もしかしたら、疲れをとるためにあえてしていた、という行動があったかもしれない。残念ながら、それはあなたの勘違いで、脳をさらに疲れさせていた可能性もある。

脳の疲れを取るのが一番大切

  疲労に関する国家研究プロジェクトに携わり、抗疲労食薬および抗疲労環境の開発も進めている、疲労研究のパイオニア、梶本修身医師はこう語る。 ランニング「『疲れる』のは、体ではなく自律神経であることをご存じでしょうか?  スポーツをすれば、呼吸が早まったり、心拍が大きく上昇したり、汗をかいたりする。デスクワークでも、緊張したり集中力を高めたりする。このように、我々の行動では、自律神経がフル回転しています。  私たちが感じる疲労は、すべて脳の自律神経の疲労だといえるのです」  その証拠に、運動による疲労も、デスクワークによる疲労も、徹夜による疲労も、出現する症状は自律神経失調症と同じ(全身倦怠感、頭重感、ふらつき、めまい、肩こり、むくみなど)だという。 「ちなみに、筋肉痛や、肩こり、腰のこわばり、さらに、目薬を差しても、ホットタオルであたためても、良くならない目の疲れも、自律神経からのアラームであることが明らかになってきています。根本から解決するためには、自律神経に働きかけないと意味がないのです」(梶本先生)  自律神経の乱れを整えるためには、脳の疲れをとることが大切なのだが、では、どうすれば、毎日正しく脳の疲れをリセットすることができるのか?
次のページ 
寝る前の1分で、脳の疲れをリセットする方法
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事