仕事

エリート新入社員が1年で退職。子持ちとは思えない無謀な夢とは…

そして3年後……彼はブログで食べていけたのか

絶望 その後も先輩社員の女性は彼のことが気にかかっていた。 「だって、ブログで食べていくって言うくらいですから、どんな内容のブログなのか気になるじゃないですか。それで彼のブログを覗いてみたんです」  すると、彼のブログには自作の小説が書き連ねられていたという。 「正直、ちょっと理解しがたい世界観でしたけど、それでも彼がやりたかったことができているのならよかったと思いました。人生は一度きりですから、やりたいことをやるべきです。奥さんはちょっとかわいそうですけど」  しかし、そのブログは2~3日に1回くらいしか更新されず、しかも更新は退職後約3か月で止まってしまったという。 「それなら会社を辞めなくても続けられたんじゃないかなとは思いますけど……気が済んだならよかったですよね。3年後、彼はふたたび会社員として異業種の仕事に就いたと噂で耳にしました。やはり現実の厳しさに気づいたのではないでしょうか。なんだかほっとしてしまった私はやっぱり昭和の価値観を持っているのかもしれません」  周囲には理解できない行動かもしれないし、もったいないと言う人もいるかもしれない。回り道だったかもしれない。それでも彼はきっと自分のやりたいことにチャレンジできたことに満足しているに違いない。<取材・文/松本果歩>恋愛・就職・食レポ記事を数多く執筆し、社長インタビューから芸能取材までジャンル問わず興味の赴くままに執筆するフリーランスライター。コンビニを愛しすぎるあまり、OLから某コンビニ本部員となり、店長を務めた経験あり。Twitter:@KA_HO_MA
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事