恋愛・結婚

顔だけの“イケメンおじさん”よりも…デブが30歳からモテる理由

 デブのデブによるデブのためのファッション&ライフスタイルウェブマガジン「Mr.Babe」編集長の倉科です。 「Mr.Babe」は太っている方に特化して配信しているので珍しいのか、さまざまなメディアから取材されることも多く、その際に必ず聞かれるのが「デブって本当にモテるんですか?」という質問です。 ぽっちゃり もちろん太っている方全員がモテているわけではないのですが、私なりの持論として「デブリミナル効果」(太っているほうの魅力が異性に浸透していく心理をそう呼んでいます)ということは確実にあって、それは「ウサギとカメ童話」の関係に似ているとお話しています。 「ウサギとカメの童話」で、例えると…… ウサギ=スタイリッシュなイケメン カメ=ポッチャリなブサメン となり、生まれたときから身軽さとジャンプ力を兼ね備えているウサギは別に努力しなくても走るのは速いし、白くてかわいいビジュアルも好印象です。逆に生まれたときから重い甲羅を背負い、短足な亀はどうあがいても速くは走れないし、ビジュアル的にもいまいち……。  これを人間に置き換えると、イケメンは親からもらったその容姿のおかげで学生時代は黙っていても女子にはモテモテ。努力もそこそこにイケメン街道まっしぐらなわけです。それに引き換え、ポチャメンは自分の体型や容姿に自信がないこともあり、殻に閉じこもってしまい、引きこもりがちな青春時代を過ごします。

ある日を境にイケメンとポチャメンの立場が逆転

 10代、20代は女性たちも外見的な魅力で男性を選別する傾向にあるので多数の女性はイケメンを支持する傾向にあります。  しかし、30代が近づき結婚を意識し、経験値も上がってくると、今までイケメンと付き合うことに憧れた結果、振られ、騙され、捨てられるなど、ビジュアル重視で選んできた男性の薄っぺらさに気づき、「結婚」という人生最大の伴侶を選ぶ上で、容姿がいいだけではダメだということに気づきはじめるのです。  つまり「イケメンというだけでは幸せになれない! 飯は食えない!」ということです。
次のページ 
イケメンも年をとったらただのオッサン
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事