恋愛・結婚

アイドルと恋愛する一般人男性。彼女への“お願い”とは…

 写真週刊誌のスクープ報道などによってたびたび世間を騒がす芸能人と一般人の熱愛報道。そう、つまりこの世には、イケメン俳優やスポーツ選手でなくとも、高嶺の花と出会い、交際にこぎつけている一般人が現実にいるということなのだ。そこで、実際に芸能人と交際経験のある一般男性を探し出し、その実情を聞いた!
デート

※写真はイメージです

芸能人扱いせず、かつ紳士な振る舞いがアイドルの心を射止める

 雨後のタケノコのように乱立するアイドル。とりわけ地下アイドルは、プライベートも奔放だ。 「アイドルグループSに所属していた彼女と知り合ったのは、4年前の合コンです。職業は派遣社員だと言っていたんですけど、名前をググったらアイドルだとわかりました。10代の頃はグラビアDVDも出していたし、普通の合コンにアイドルが来るなんて思っていなかったので、内心テンションが上がりましたね」  そう振り返るのは、製薬会社に勤める宮村修二さん(仮名・32歳)。ただし、最初から恋愛対象として見ていたわけではないという。 「男性陣全員が彼女のことを知らず、“売れない地下アイドルだ”って友人たちがイジったんです。私は交際につながるとも思っていなかったので、友人をたしなめつつ、淡々と会話をしていました。そしたら、その日の夜遅くに彼女からお礼のLINEが届いて、そこからやりとりするように。今考えるとファン対応で慣れていただけかもしれませんが、頭の回転が速いし、くだらない話にも笑ってくれるのが心地よく、2回目のデートで交際を申し込みました」  その場でOKをもらい、今も交際中。彼女はアイドルとグラビアからも卒業し、現在はリポーターなどの仕事を中心に活動している。 「彼女いわく、『自分くらいだとバレないから飲み会にも普通に顔を出す』そう。そのうえで『バレても変に芸能人扱いされなかったから好きになったのかも』って言われました。実は彼女の出演番組はチェックしていて、陰では意識しているんですけどね(笑)」  そんな宮村さんは、彼女に“あるお願い”をすることがあるそう。 「アイドル時代の衣装を着てもらうんです。ライブを見たこともあり、ステージ上での彼女を知っているから興奮しちゃって、その晩はいつもより燃えますね(笑)。これが最大の役得かもしれません」  内心はどうあれがっつかない姿勢がチャンスを手繰り寄せるのだ。 <取材・文/週刊SPA!編集部>
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事