スポーツ

格闘家・青木真也が「6時間9000円で付き人やります」…なので個別で人生相談してみた

青木真也の「好きなことをやれ」発言について聞きたいこと

――次はマインドについて聞きたいです。青木選手は、「好きなことをやって月15万稼ぐような生活をしたほうが幸せになれる」という趣旨の発言をされています。  でも、好きなことを仕事にしていると、「ギャラに文句を言ってはいけない」というような風潮があるような気がします(筆者はフリーランスで活動している)。 青木真也 青木:それね、風潮というか、川上の人間が搾取しやすいようにしているだけ。そういうのは簡単で、その流れにつきあわなければいい!(きっぱり) ――とはいえ、不満があってもなかなか強く言えなくて。 青木:でも、そんなことだらけじゃん、世の中(笑)。そこにいちいち目くじら立てても仕方ないし、周りを変えることの方がクソ面倒くさいよね。その労力を考えると、自分が変わった方がいい。 ――青木選手は世間的に見て強い人というイメージなので、どんな態度を取っても周りから何も言われないのもあるのでは? 青木:去年(2019年)って女性が強くなり始めたきっかけの年だと、僕は思うんですよ。だからそもそも現代社会で、男女で差があるのではないかというのを言ってくるのが、僕からすればナンセンスだね。 ――Twitterで「セックスは1時間」とか性にまつわる発言もされていますが、周りの反応は気にしない? 青木:そういうことも平気で言える。ただそういうの、好まない人もいるけど。俺は気にせず何でも言っちゃう。誰にも迷惑をかけていないでしょっていう。 ――SNSといえば、周りの目を気にしてキレイごとだけを発言する人もいますよね 青木:それ、一番楽! ポエム読み続けるのが一番損しないし、ようはベビーフェイスの方が楽なわけよ。人生において。でもヒールもベビーも両方できないと、真の表現者とは言えないですよね。

LINEを返信しなくても仕方ないと思われている

――これまで話を聞いていて、青木選手のような自分の意志がはっきりしている、自立した男性を好きになった場合、どのようにアプローチすればいいのか気になりました。 青木:恋愛案件は、僕自身も面倒くさいし悩むよね。自分が惹かれるポイントって人によって違うし。僕は外見が凄いキレイですとか、そういうのってあまり興味をひかないんだよね。凄いいいものを作るとか、もしくは社会に対してアクションがあるとか、そういう人に惹かれるかな。 「どっか旅行に行きた~い」みたいな話をされても「ああそうですか」みたいな(笑)。会話がつまらないと「ああそうですか」ってなっちゃう。何か一つ自分に軸がある人じゃないと難しいんじゃないかな。自分の軸がきちんとある男性と向き合っていくには。 ――なるほど。 青木:恋愛も師弟関係もそうだけどさ、みんな大きく勘違いしているのは、相互のものだと思ってるじゃん。一方的なものだから。 ――それでいうと、LINEの返事が来なくて悩んだりする人の話を聞きますね。 青木:そういう風に信頼される人って偉いよね。俺とかそういうの、信頼されないからさ。この人は返信しなくても仕方ないじゃん。って最初から思われるタイプ(笑)。
次のページ
「うるせえバカでいい」
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事