R-30

「言い換え」で文章はもっとキレイにできる!

自分の考えが正しく伝わらない。刺さる文章が書けない――そんな悩みもあっという間に解決! 上手な文章を書けるようになるには、ちょっとしたコツがあった。文章のプロたちが駆使している秘技を公開する!

◆秘技7 短く言い換えよ(名詞化)

文章を書く会社に命令されるがままに生きていた、あの辛い毎日

会社の奴隷だったあの毎日

社畜だったあの毎日

「ツイッターのように短文が求められる場所では、いかに要約するかがカギとなります。ここで活躍するのが名詞や比喩、ことわざへの言い換えです」(「国語力」に関する著書を多数持つ福嶋隆史氏)。例文のように言い換えられた表現は、格段と伝わりやすくなるうえ、文章もギュッと締まりインパクトを残せる(「社畜」は著書の引用外)


◆秘技8 修飾語は近くに置く

【修正前の文章】
ついに新技術が開発され、商品化された。

【修正後の文章】
新技術が開発され、ついに商品化された

修飾語は、思いついたときに文中に差し込みたくなるが、実はこの行為が誤解を生んだり、混乱させたりする原因になる。修飾語がどの言葉にかかっているかをはっきりさせるため、被修飾語の近くに置くこと。「自信がない人は、一度すべて修飾語を取り、後から入れるぐらいがちょうどいいかも」(コラムニスト・石原壮一郎氏)

【石原壮一郎氏】
コラムニスト。『大人養成講座』『大人力認定』など、大人力の専門家。近著に『オトナの学歴図鑑』などがある

【福嶋隆史氏】
小学校教諭を経て「ふくしま国語塾」主宰。子供から大人までを対象にした「国語力」に関する著書を多数持つ

― どんなにバカでも文章が上達する13の秘技【7】 ―

オトナの学歴図鑑

リアルで笑える出身大学別人間判断入門




おすすめ記事