R-30

「茶色の目がキレイな少女」って、キレイなのは目? 少女?

自分の考えが正しく伝わらない。刺さる文章が書けない――そんな悩みもあっという間に解決! 上手な文章を書けるようになるには、ちょっとしたコツがあった。文章のプロたちが駆使している秘技を公開する!

◆秘技9 形容詞や修飾語を連続させない

【修正前の文章】大きな水玉の傘

【修正後の文章1】大きな水玉模様が描かれた傘

【修正後の文章2】水玉模様の、大きな傘


【修正前の文章】茶色の目のキレイな少女

【修正後の文章1】茶色の目がキレイな少女
(キレイな茶色の目をした少女)

【修正後の文章2】茶色い目の、キレイな少女
(茶色い目で、ルックスがキレイな少女)

【修正後の文章3】茶色い、目のキレイな少女
(目がキレイで、肌が茶色い少女)

少女
「大きな水玉の傘」は形容詞のかかり方で2通りの意味があり、「茶色の目のキレイな少女」にいたっては3通りの解釈が可能。読点(、)を入れたり、言葉を補ったり、順番を入れ替えたりして、誤解されない表現にすべし

― どんなにバカでも文章が上達する13の秘技【8】 ―




おすすめ記事