恋愛・結婚

理想のタイプは田中みな実…37歳公務員が婚活して破談になったワケ

結婚を前にだんだんと迷いが生じた理由

 成婚が決まり、1か月ほどしたとき、シゲルさんと私はお会いしました。どことなく交際期間中のようなキラキラした楽しそうなオーラはなく、少し疲れているような気がしたので、「結婚式や入籍の準備は進んでいますか?」と聞いたところ、「ちょっと悩んでいる」という答えが返ってきました。  多くの成婚者さんを見てきていると、うまくいっているカップルとそうではないカップルと一目でわかるようになります。「やはり……」と思いながらも、話を聞いてみると、 ・彼女と金銭感覚が違う ・あまり料理は好きじゃないみたいで外食が多い ・いろんなルールがあり今後が不安 とシゲルさんが不安だと感じているいくつかのことが出てきました。  結果、シゲルさんは彼女との結婚はやめ、もう一度婚活をし直し、現在は幸せな結婚生活を送っています。  男性が結婚をするうえで絶対に選んではいけない女性、それは「浪費家」です。

金銭感覚を合わせるには5〜10年はかかる

 金銭感覚というのは、育ってきた環境や現在の仕事の環境で変化していきます。そのため、結婚生活という新たな環境ができたとき、少しずつお互いに金銭感覚を合わせていかなくてはなりません。  私は夫婦二人の金銭感覚が合うまでには最低5〜10年かかると感じています。結婚後、すぐにクレジットカードを渡して、その中から生活費を捻出させたり、なんとなく女性の望むままにお金の管理を預けてしまうのは危険です。 結婚 女性というのは付き合う友人関係などで求める理想が変わります。これはコミュニティを重んじる女性ならでは。まずはお互いがお互いの金銭感覚をしっかり知り、二人で生活するためのお金への価値観を育てていくことがとても大切です。  本当に好きだと感じた人とお付き合いになるまでは当然、ケチではいけません。しかし、結婚が決まったら、きちんと話し合い、金銭感覚を合わせていく努力をお互いができなければ、生活は成り立たないでしょう。  きちんとお金の価値観を合わせていくこと。結婚は「生活」です。ぜひとも二人の生活が生涯にわたって、「幸せ」という豊かさを得られるようにしていきましょうね。
1985年、東京生まれ。アイドル、銀座のホステスなどを経て、現在は恋愛コンサルタントとして結婚したい男女に向けて情報や出会いの場を提供する。「結婚相談所Agumブログ」が更新中。公式ホームページ「結婚につながる恋のコンサルタント 山本早織」(Twitterアカウント:@yamamotosaori_
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
ハッシュタグ