恋愛・結婚

LINEでデート「女性に断られない」3つのテク

 皆さん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。今回は「断られない誘い方」についてお伝えします。

山本早織

日本人は「文字だけのコミュニケーション」が苦手?

 皆さんは気になる女のコをデートに誘っていますか? アプリや街コン、結婚相談所など出会いの機会はどんどん増える一方で、その後のデートへつなぐためにはほとんどの人がメールやLINEといったツールを使っているのではないでしょうか。  文字だけのコミュニケーションというのは、文字以外の表情や声のトーン、身振り手振りなど非言語のコミュニケーションの部分が見えない分、相手の温度感が伝わりにくく、「本当に行きたいと思ってくれているのか?」「今どう思っているのか?」が読み取りにくいのが特徴です。  特に日本人は非言語コミュニケーションの部分で言葉では伝わらない部分を読み取る癖があり、スタンプや絵文字などが重宝されていたりもします。そのため、ほとんどの男性が女性から「忙しいから来週は無理なんです」や「ちょっと体調が悪くて」と言われると「本当は自分とデートする気がないんじゃないか……」と自信をなくし、連絡をやめてしまいます。
デート

※写真はイメージです(以下、同)

 確かに女性側も一目で気になる男性だったとしたら、食事の日程や約束の日取りなどすぐに決めるかもしれません。しかし、そもそも女性は異性とのコミュニケーションを図る上で、最初の段階は警戒心やネガティブな印象というのは持ちがちです。一つしかない子宮を守るため、本能的に保守的になっていると考えられます。  そんな女性とは違って、遺伝子を残したいという本能を持つ男性は、女性を見るとさまざまポジティブにとらえることができていたはずです。2人で食事に行ってくれるということは「俺に気があるのかも?」と期待して、行ってみたら思い違いだった……なんて経験をしている人は多いのではないでしょうか。

婚活男性は急に自信をなくしています

 しかし、男性も強いメンタルを持っているわけではありません。そのために2度や3度断られると突然、誘うのをやめてしまいます。私がご縁を繋いでいる結婚相談所の会員さんでも、順調に交際が進んでいる中でお会いする日程が決まりにくくなると、途端に自信がなくなってしまう方もいます。  そして、このような悩みは結婚相談所に限らず、男性からの相談の中で多い傾向にあります。  私自身も独身時代は20回以上婚活パーティへ行き、LINE交換をし、デートに誘ってもらった経験をする中で気がついたこと。それは、ほとんどの男性は誘い方に問題があるということです。  これから紹介するテクニックは、営業マンが見込みの薄いお客様と面談をするまでに使用している方法でもあります。すぐに使える技術! 今日から使ってみてください。
次のページ
誘いを断られないための3か条
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事