恋愛・結婚

女性と話すことがない彼が結婚できた「たったひとつの会話術」

 皆さん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。  今回は「女性と何を話したらいいかわからない」と悩んでいた男性が結婚を決めたサクセスストーリーをお伝えします。

山本早織

コミュニケーションを巡る男女の価値観の違い

 コミュニケーション能力だけでいうと、女性のほうがはるかに高い傾向があり、男性は幼少期の性格や環境などの要因により大きな差があります。  そもそも人とのコミュニケーションをする意味や意義が男女で違うように感じます。  男性は自分の目的や目標を達成するため、または自分の能力やすごさを表現するためにコミュニケーションを使いがち。なので、会話がなくても目的達成したり、能力をアピールできたりする人は会話を必要としないわけです。  一方、女性は自分の感情を共有したり、情報を交換したり、コミュニティで生きるために対話することが多いように思います。  男性からすれば、井戸端会議や女子会の「何が面白いんだろう?」「この会話の目的は?」と感じるでしょうが、コミュニケーションに対する考え方の違いが原因でしょう。  そんな男女が会話をするうえで、かみ合わないのは当然。  女性とのコミュニケーションに男性が悩むのもまた当然のことです。今この記事を読んでいて、「いや、もともと得意な男性もいる!」と思う人がいたら、ぜひその男性に女性との交流で失敗した過去はあるか聞いてみてください。  女性と自然に会話できる男性の多くは、若い頃に女性の前で死ぬほど恥ずかしい経験するなど、たくさんの失敗を経て“上達”していることが多いのです。
次のページ
相手の話を聞くだけでは…
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事