仕事

「人がいない」今だからこそ仕事が増える…コロナ禍にビクともしない人たち

「イベントがなくなったから仕事も中止で……。こんな状況だからさ、恨みっこなしで」  3月某日、春先に開催予定だったイベントの中止を、主催者から一方的に通告された筆者。イベントの取材をして、それを元に各媒体に記事を書きわける。例年はこの案件だけで約10万円の収入があった。  中止となったイベント取材はこれだけではない。多くの大規模イベントの予定が消し飛んだ。まさか自身が「新型コロナウイルス」の余波に巻き込まれるとは考えたこともなく、あまりのショックに呆然とするしかなかった。
男

※画像はイメージです(以下同)

 中国を皮切りに、今や世界中が「コロナパニック」に陥っている真っ只中、筆者だけでなく、世界中がその影響を甘受せざるを得ない状況が続いており、我が国の政府は公共料金支払い期限に猶予を持たせたり、融資機会の拡充といった策を発表しているが、本音としては「現ナマをよこせ」というのが第一であり、その次に「減税せよ」というのが、庶民の切なる思いに違いない。  その一方で、騒動の渦中にありながら、まるでビクともしない人たちがいる。極端な大金持ちが、物見遊山で庶民の暮らしを眺めているのかと言えば、そうではない。むしろ、その逆である。

コロナの影響で仕事増「今までなかった残業代が出た」

ビルメンテナンス「私の仕事はいわゆる“ビルメン”、ビルのメンテナンスですが、仕事にあぶれることはありません。ビル内の業者が出社停止になり休業状態でも、ビルのメンテナンスは毎日欠かせない。ということは、私には仕事があり続ける。月収は手取りで20万円くらい。むしろ残業が増えている」  こう話すのは、都内のビルメンテナンス業者に務める澤田豊彦さん(仮名・40代)。地方の高校を卒業後に職を求めて上京するも、ギャンブルや夜遊びにハマり、多額の借金を抱えた。  高給業界には見向きもされず、人手不足のビルメン業界になんとか潜り込んで早15年。給料が安く夜勤もあってキツいと言われる仕事。だが、ここにきて「絶対になくてはならない仕事」であることが明らかになったのか、仕事がなくなることはないという。 「私が担当するビルに入居する一流企業は、多くがリモート勤務に移行して人が少ない。その分、普段はできない“メンテナンス”の機会だということで仕事は増えています。今までほとんどもらったことがない残業代が支払われて……。勝ち組ですね」(澤田さん)
次のページ
「絶対に社会に必要な仕事だ」と再認識
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事