ライフ

緊急事態宣言中にレジャーを楽しんだ夫婦。軽蔑する友人に「納得がいかない」

できるだけ外出していなかったのに、納得がいかない!

 豊田さん夫妻は、納得いかなげな様子で持論を展開し始める。 「あくまでも“自粛”ですよ?自己判断に委ねられているわけです。緊急事態宣言が発令されている間は、リモートワーク。全然外に出ていなかったんです。1日くらい良いんじゃないですか?それがたまたまゴールデンウイーク期間中だっただけ。通勤時に電車に乗るよりマシだと思う」  彼ら自身も普段は自粛した生活を送っており、ネットスーパーを利用したりするなど、できるだけ外出を避ける工夫をしていたという。 「私たちも新型コロナウイルスが流行してから、積極的に人混みに行くことはしていません。全く自粛していないというわけではないんです。今回のグランピングも、施設が開いているから行きました。そんなにダメなら休業すべきだと思います。  これから第二波、第三波とくるんでしょう。その度に、同じタイミングで自粛をするんでしょうか。新型コロナウイルスとは、長い期間付き合っていかなくてはいけないはずです。ずっと自粛していたら身は持たないし、路頭に迷う人も大勢出てくると思うんです」  今回の豊田さん夫妻のグランピングの件を、あなたはどのように感じただろうか。  一人ひとりの行動が大切となる新型コロナウイルス対策。少しの気の緩みが感染拡大へ繋がり、第二波、第三波も近いうちに到来する可能性もある。今は羽を伸ばしたい気持ちをグッと堪え、収束へ向かって取り組んでいくべきなのかもしれない。<取材・文/吉田みく>ルポライター。得意なジャンルは恋愛にまつわる人間関係。好きなことは潜入取材。twitter:@yosmiku
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事