エンタメ

青汁王子がホスト「三崎愛汁」として復活。3日間で歴代最高3500万円の売上を達成!

「青汁王子」こと実業家の三崎優太氏が、伝説のホスト「三崎愛汁」(みさき・えちる)として復活した。 三崎愛汁 三崎優太氏は2018年、1億8000万円の法人税法違反を突き付けられ、1年以上にもわたって国税局と戦ってきた。年商130億円の社長から「犯罪者」へ転落……世間から大きなバッシングも受けた。しかし大きな挫折でも諦めず、その後のツイッター上で話題となった“青汁劇場”を覚えている人は多いだろう。  その“青汁劇場”のラストを飾ったのが、伝説のホスト「三崎愛汁」(みさき・えちる)デビューだった。あれから1年、今年も8月29日~31日の3日間限定で、伝説のホスト三崎愛汁が復活した。 「とても名前を出せないような人やSNSを見てくれた人まで、たくさんの方から数えきれないほどの指名をいただき、本当に感謝です。アルマンドを筆頭に、ルイ13世やリシャールのオンパレード。3日間の売上は3500万円にも達しました」(三崎氏) 三崎愛汁 昨年まさかのホストデビューをし、入店3日間で1200万円の売上を達成し、新宿・歌舞伎町における歴代最高を記録した。今年は、昨年をはるかに上回る売上を達成した格好だ。

◆ホストで稼いだお金をプレゼントする企画を実施中!

 三崎愛汁伝説はこれだけにとどまらない。【愛汁復活記念】と称し、この3日間で愛汁がホストで稼いだお金をすべて配るという企画を実施。応募方法は、三崎優太氏のツイッターをフォロー&リツイートだけ。抽選でアマゾンの欲しいものリストから好きなものをプレゼントするという。その影響もあって、8月30日にはツイッターのトレンドで1位を記録した! 三崎愛汁 すでに三崎優太氏はプレゼント配布を始めており、当選した女性からは「きゃー当たった。本当にありがとうございます。大切に使います」、また一眼レフカメラをプレゼントしてもらった大学生の男性からは「カメラがついさっき手元に届いた! メッセージまで添えて送ってくれてはってさすがすぎるほんまにありがとうございます!!!」と、喜びや感謝の声が続々と届いている。
三崎愛汁

男子大学生のもとには「立派なカメラマンになってね」という三崎氏からのメッセージとともに、一眼レフが届いたという。写真は「B-DASH フラッシュを焚いたカメラ←青汁王子からの贈物」(@Bdash11W )さんから提供

次のページ
「170日後に目覚める青汁くん」最終回は?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事