ライフ

東京メトロを直撃、銀座駅「逆方向の電車に乗せるミス」発生の真相

 電車に乗ろうとしているときに、うっかり目的地とは逆方向に乗ってしまった経験がある人も多いのではないだろうか。9月1日、Twitter上で「銀座線の銀座駅でなぜか逆方向に乗ってしまった理由がわかった」という投稿が大きな話題になった。

銀座線の銀座駅で逆方向の電車に乗ってしまった…

きせしょうさん

画像は、きせしょうさん(@kiseshou)のTwitterより

 ツイート主である、東京都内の会社に勤めるきせしょうさん(@kiseshou)が話す。 「私は普段通勤で銀座線を使うのですが、普段は同じ方向にしか乗らないため看板(路線図)は見ていませんでした。逆方向の電車に乗ってしまったのはいつもと違う駅に向かうときでしたね」(きせしょうさん)  入り口の階段上に設置された路線図の進行方向と、実際のホームに来る電車の進行方向が逆だったのだ。この“トリック”に気づいたきせしょうさんの投稿が多くの共感を呼び、瞬く間に4.5万リツイート以上されることとなった。  しかし翌日(9月2日)になると、この看板の示す方向が正しいものに直されていたという。
銀座駅

投稿の翌日、看板が直されていた。画像は、きせしょうさん(@kiseshou)のTwitterより

「すごい! 一晩で対応してる!! たまたまかもしれないけど、東京メトロ(@tokyometro_info )さん ありがとうございます!!」  まるで東京メトロがきせしょうさんの投稿をチェックして即座に対応したかのよう。きせしょうさんは「自分のツイートをきっかけに修正したのかは分からないけど、東京メトロさんに申し訳なくなってきた」と感じたそうだ。  果たして、その真相とは? 東京メトロ広報に話を聞いた。
次のページ
東京メトロに真相を直撃!
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事