ライフ

コロナで人生が好転した人たち。事務的だった家族関係にも変化…

 今やテレワークが当たり前となり、コロナ禍によって生活様式は大きく変化した。ライフスタイルと共に、価値観や家族関係まで変わってしまったという人は少なくない。

コロナを機にダイエットに成功

メタボリック まずは健康的な生活になったという事例から。都内在住の保険営業マン・村西竣太郎さん(仮名・30代)が言う。 「以前はスポーツなど全くやらなかったのですが、テレワークが始まり自宅から一切出なくなりました。すると、急に運動がしたくなってきて。今では夕方、5kmほど必ず走るようになりました。90kgオーバーだった体重も10kg以上減って、彼女からも好評。食事にも気を使うようになり、コロナ様様です」(村西さん)

外出が減って家族関係に変化

自炊 外出が減ったことで、外食の機会も少なくなった。当然、自宅で料理や自炊をする人も増えた。岡山県在住の会社員・佐々木洋二さん(仮名・30代)は、「外食が一切できなくなった」と話す。 「以前は、毎週末は必ず妻と子どもと外食しないと気が済まなかったのですが……外での感染が怖いので、完全に食事を自炊に切り替え、3か月以上経ちました。この前、久々に宅配ピザを頼んだら、味が濃すぎて一枚の4分の1も食べられませんでした」(佐々木さん、以下同)  佐々木さんの場合、共働きで子育てもしており、平日は弁当の宅配サービスも利用していたが、子どもの学校が休みになったこと、仕事がリモートワークに移行したことで、これらのサービスを利用することをヤメた。すると、家族関係にも変化が……。 「お弁当だと『置いてあるから勝手に食べて』でしたが、毎回つくるようになってからは、出来立てを家族で食べることが普通になりました。妻とも、事務的な会話しかなかったのに、家族らしいコミュニケーションが取れるようになりました(笑)。子どもも嬉しそうです」
次のページ
“身近な幸せ”に気づけたけど…
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事