ライフ

「ユニクロ&GUの夏セール」今のうち買うべき1000円以下の4アイテム

▼あり得ないコラボが990円!

ユニクロ ルーヴル美術館:アート アンド ロジック by ピーター・サヴィル UT グラフィック Tシャツ(半袖・レギュラーフィット) 990円
ルーヴル美術館:アート アンド ロジック by ピーター・サヴィル UT グラフィック Tシャツ(半袖・レギュラーフィット)

ルーヴル美術館:アート アンド ロジック by ピーター・サヴィル UT グラフィック Tシャツ(半袖・レギュラーフィット)

 これは知ってる人は驚愕のコラボ。  ルーヴルとユニクロがコラボしただけでもスゴいことですが、グラフィックを手がけるのはあのピーター・サヴィル。  世界最高峰のグラフィックデザイナーであり、バーバリーのロゴやジョイディヴィジョンのアルバムワークなどを手掛けた人物です。  服好き(ピーター・サヴィルのグラフィックはラフシモンズやアンダーカバーをはじめ、実にさまざまなハイブランドで見られます)、音楽好きでもしこの名前を知らない人がいたらモグリ(笑)。そのくらい偉大で著名なアーティストです。

驚異的な交渉能力を誇るユニクロ

ルーヴル美術館:アート アンド ロジック by ピーター・サヴィル UT グラフィック Tシャツ(半袖・レギュラーフィット)

モナ・リザにインスピレーションを受けたというピーター・サヴィル

 ピーター・サヴィルにグラフィックを描かせて990円で売るだけでも「暴挙」ですが、さらにそのグラフィックのモチーフをルーヴル美術館とし、トリプルコラボを実現させたユニクロの交渉&営業能力の高さよ。  ユニクロはミッキーを赤塚不二夫風に書かせたり、ポケモンを色覚異常のアーティストであるダニエル・アーシャムに描かせたりと、あり得ないコラボを次々と実現しています。  ミッキーとかポケモンはなんとなく理解できるでしょうが、こうした版権物は細かく規定が決められています。  改変を許すと世界観が崩れてしまうためですね。イメージで商売しているキャラクタービジネスは徹底的にルール化して改変させないようにするのが普通です。 「うちのミッキーを赤塚不二夫風にだとお?」 「うちの赤塚の絵柄でミッキーを描けだとぉ?」  そうなるはずですが、そうしたことを乗り越え時代に残る異常な組み合わせをいくつも実現!  今回のコラボも間違いなく後世に語られるトリプルコラボでしょう。ピーター・サヴィル関連でのちのち値が上がる予感……。

プリント技術も高いクオリティ

 ルーヴル美術館:アート アンド ロジック by ピーター・サヴィル UT グラフィック Tシャツ(半袖・レギュラーフィット)

価格と釣り合わない圧倒的なプリント技術の高さ

 コラボということを抜きにしても単純にピーター・サヴィルのグラフィックはファッションと親和性が高く、またUTは素材感が上質でかつプリントの技術が高い。 「みやげもの」のような硬い「乗せただけプリント」でなく、しっかりボディに染み込んでいる上質なプリントとなっています。  プリントは実は職人技術で「シルクスクリーン」とか単なる種類があるだけじゃありません。 「このブランドにしかできないプリント」とか「この職人しかできないプリント」とか山ほど存在しており、プリントTひとつとっても千差万別の違いがあるのです。  990円で買えるなんて奇跡中の奇跡。完売前にぜひ。私はこのシリーズ全型購入しました。
次のページ
上質コットンを使ったTシャツが590円
1
2
3
4
5
6
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート