ライフ

加熱式たばこの進化系「プルーム・エックス」は、紙巻たばこにより近づいた印象

高級感のあるボディが目をひく「プルーム・エックス」

PX_Device_beauty_shots_01 (1)

”Nastro”デザインのプルーム・エックス。Nastroとはイタリア語でリボンの意味。リボンのように切れ目が ない、なめらかで上質なアルミボディが特徴

 年々利用者が増えている加熱式たばこ。「加熱式たばこなら喫煙OK」など、専用の喫煙所が設けられたり、紙巻たばこのように燃焼の際に生じる副流煙が出ないことから、家、車の中では加熱式、とシーンによって使い分けるユーザーが増えたことも、利用者の拡大が進んでいる一因といえる。  ユーザーの嗜好に合わせて、各デバイスが進化しているなか、今月17日にJTは加熱式たばこの新機種「プルーム・エックス」の全国販売を開始した。  高級感のあるアルミボディ。従来モデルより加熱温度を上げたこともあり、吸いごたえは向上、吸い終わった後もたばこ葉の風味と香りの余韻を愉しめる商品だという。

見た目をさらに進化させる充実のアクセサリー

Accessory_KV_white

豊富なフロントパネルとバックカバー

プルーム・エックス・ドッキングステーション。プルーム・エックスをスマートに充電できる充電スタンド

ファブリック・キャリーケース。蓋の部分を折り返すと自立するため、スタンドとしても使用可能だ

 手にするだけで気分を高揚させる美しさと機能性を追求している「プルーム・エックス」。ユーザーごとの個性をより引き立てる仕掛けとして、「フロントパネル」7色、「ファブリック・バックカバー」5色、「レザー・バックカバー」2色と、多彩なカラーバリエーションを展開している。取り外し可能なフロントパネルとバックパネルを組み合わせることで、自由にカスタマイズできる。  また、専用のファブリック・キャリーケース、充電スタンド、カーホルダーなど、使用シーンに応じた商品を選択できる。
次のページ
実際に吸ってみた感想は?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事