ライフ

ちっちゃい野良猫の“10年後の姿”にビックリ!親はライオンかな?

MAXで7kgあった体重

 ピョンタくんは現在約6kgと、見た目よりもスリムです。 「5歳のころがMAXで7kgありましたが、その後、少しずつ減り、昨年あたりからこのくらいの体重になりました」  飼い主さんはこの10年間、体重もしっかりと記録しています。
愛情の詰まった体重記録

愛情の詰まった体重記録

 健康に気を遣いながら、思い出を増やし続けています。

賢くて、ちょっぴりビビリなピョンタくん

 ピョンタくんは保護後、すぐにトイレを覚えてくれたおりこうさん。イタズラをしてもダメなことや危険なことを話すと、すぐに理解します。遊ぶときは自分専用のおもちゃ入れから、おもちゃを持ち出してもいました。 おもちゃで遊ぶピョンタくん「手のひらサイズのぬいぐるみが好きで、噛んでボロボロにすることはありましたが、自分用のぬいぐるみ以外はかじりませんでした」  そして成長するにつれて、さらに賢くなり、人の言葉を理解しているような素振りを見せます。食事中にはテーブルに乗らない、人間用のご飯を盗まないといったマナーを自主的に守っています。 「私が家族に『ご飯よ』と声をかけると一番に来て、昔、息子が使っていた子ども用のイスに座っていることもあります」 イスに座るピョンタくん
次のページ
人間のような仕草が愛らしい
1
2
3
4
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠