ライフ

初心者に人気の資格10選。女性にもおすすめ、通信講座で100%資格が取れる!

 コロナで仕事の先行きに不安がある、リモートワークで時間に余裕がある…そんな人は、いまこそ「資格」取得にチャレンジしてみませんか?  といっても、通信講座だけで6ケ月(最短2ケ月)で取れる、初心者に人気の資格があるんです。特に、女性におすすめの、教育や食生活、健康にまつわる資格10選をご紹介しましょう。   資格勉強

●子供心理の資格/ チャイルド心理カウンセラー、 子供心理カウンセラー

チャイルド心理カウンセラー」(日本メディカル心理セラピー協会認定)は、子どもの心や身体の発達に応じて、その心理や接し方を学ぶもの。子供の行動が何をあらわしているのか、大人はどう接するべきか。子どもの人格形成にかかわる知識、適切なアドバイスやカウンセリングを行える知識をつける資格です。   同じく、子供の心理について学ぶ資格が「子供心理カウンセラー」(日本インストラクター技術協会認定)です。赤ちゃんから思春期まで、問題への接し方などを学びます。  チャイルド心理カウンセラーや子供心理カウンセラーの資格取得後は、自分の育児に役立つのはもちろん、子供と接する仕事や教育関係で知識が生かせるでしょう。 子供心理に関する2つの資格、 W取得する方法はコチラ>>>

●食育の資格/ 食育健康アドバイザー、 管理健康栄養インストラクター

 「食育」に関する資格も人気で、女性にもおすすめです。食育とは、食に関する正しい知識をつけることで、健康的な食を選ぶ力を育てること。自分で料理する人も、外食が多い人も、正しい知識があればダイエットや長生きにつながりますよね。 「食育健康アドバイザー」(日本安全食料料理協会=JSFCA認定)は、食育の基本を学べる資格。日本や諸外国の食育事情、食と健康や生活習慣病との関連などを学びます。 また、「管理健康栄養インストラクター」(日本インストラクター技術協会認定)は、「食品表示」の読み方から、必要な栄養素とその摂り方…といった知識をつけることができます。 食育健康アドバイザーや管理健康栄養インストラクターの資格は、自分の食生活はもちろん、食関係の仕事にも生かすことができるでしょう。 食育に関する2つの資格、 W取得する方法はコチラ>>>

●スポーツフードの資格/ スポーツフードマイスター、 アスリート栄養食インストラクター

 スポーツのパフォーマンスは、食事によっても大きく左右されます。自分がやっているスポーツに合った栄養を摂りたい、子供がスポーツをやっていて適した食事を作ってあげたい…といった人にもぴったりの資格です。 スポーツフード 「スポーツフードマイスター」(日本安全料理協会認定)の資格は、スポーツ栄養の基本から、毎日のメニュー・レシピなど実践的な知識などを学べる資格です。 「アスリート栄養食インストラクター」(日本インストラクター技術協会認定)は、アスリートに必要な食について、総合的に学ぶことができます。競技によって違う食事の考え方、効果的な栄養の摂り方、サプリメントの使い方などの知識がつきます。 スポーツフードマイスターとアスリート栄養食インストラクターの資格は、自分がスポーツをやる上で役立ちますし、スポーツジムやスポーツ教育の現場で食事指導をするなど、仕事にも生かせるでしょう。 スポーツフードに関する2つの資格、 W取得する方法はコチラ>>>

●リンパケアの資格/ リンパケアセラピスト、 むくみ改善インストラクター

 長い自粛生活で運動不足になって、顔や手足がなんだかむくんでる…なんてことはありませんか?  そこでおすすめの資格が「リンパケアセラピスト」(日本メディカル心理セラピー協会認定)。余分な水分や老廃物を排出するリンパ液の流れが滞ると、むくんできて、体調にも悪影響があるんです。 「リンパケアセラピスト」は、リンパマッサージのやり方や、リンパの流れをよくする食材など、リンパに関する知識を学ぶ資格です。 また、「むくみ改善インストラクター」(日本インストラクター技術協会認定)もリンパケアの資格。リンパの流れが悪くなる原因やそれによる悪影響、リンパの流れを良くするマッサージなどを学べます。  自分のむくみを取れるだけでも嬉しいですが、エステサロンや介護施設の仕事でも生かせる資格です。 リンパケアに関する2つの資格、 W取得する方法はコチラ>>>

●リフレクソロジーの資格/ リフレクソロジーjp、 リフレクソロジスト

日本では“足裏マッサージ”で知られるリフレクソロジー。足裏や手のひらなどを刺激して、血行促進、内臓の疲労回復、各器官の機能改善などにつなげる施術です。自分や家族にマッサージできたら嬉しいですよね。  そこで女性におすすめの資格が「リフレクソロジーjp」(日本メディカル心理セラピー協会認定)。東洋医学の基礎知識から、反射区・エネルギーラインといった“ツボ”の知識、リフレクソロジーの行い方、効果、種類などを勉強します。  また、「リフレクソロジスト」(日本インストラクター技術協会認定)も、リフレクソロジーの理論や行い方を幅広く学ぶ資格です。   リフレクソロジーのサロン、エステサロン、リラクゼーション系の施設、フィットネスなどで資格を生かすことができます。 リフレクソロジーに関する2つの資格、 W取得する方法はコチラ>>>

■通信で資格が取れるSARAスクール、 諒設計アーキテクトラーニング

 上記すべての資格を、自宅で学べる通信講座をご紹介しましょう。 ■SARAスクール諒設計(りょうせっけい)アーキテクトラーニング  の2つです。どちらも、6ケ月(最短2ケ月)の通信講座で資格が取れるように、カリキュラムが組んであるそうですよ! ●2つの資格をW取得 内容が近い資格は、ひとつの通信講座でまとめて学べるんです。今回紹介した下の資格は2つをW取得できちゃいます。 ①子供心理の資格2つ ②食育の資格2つ ③スポーツフードの資格2つ ④リンパケアの資格2つ ⑤リフレクソロジーの資格2つ ●試験ナシで100%資格を取れる講座も! SARAスクールも諒設計アーキテクトラーニングも、基本のコースと、特別なコースがあります。 特別なコース…SARAスクールの「プラチナコース」、諒設計アーキテクトラーニング「スペシャル講座」なら、通信講座を受けるだけで、試験ナシで100%資格を取ることができるんです。 さあ、自宅で空いた時間を活用して、資格に挑戦してみましょう! <文/女子SPA!編集部  提供/日本資格振興協会>
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事