エンタメ

川添野愛、『ミュジコフィリア』でバイオリニスト役に「私以外は現役音大生で…」

相手を信じたいので、自分を“隠す”ことは一切しません

 力強く透き通るような眼差しと確かな演技力で近年存在感を増している女優・川添野愛。11月19日から公開される映画『ミュジコフィリア』では、井之脇海演じる主人公・漆原朔の幼なじみのバイオリニスト・谷崎小夜を演じている。 川添野愛「オーケストラの演奏シーンはとても貴重な体験でした。私以外はすべて現役音大生の方たちで、その場にいるだけで背筋が伸びました。演奏を始める前のチューニングで、だんだんそれぞれの音が集まって最後にそろう、あの時間がたまらなく神聖で好きです」  劇中の小夜は控えめだが、普段の自分とはかなりのギャップがあるという。 「イメージと全然違う!って百発百中くらいの確率で言われます(笑)。もちろん時と場合によりますけど、自分を“隠す”ことは一切しません。どんな年代でも性別でも国籍でも、私は相手を信じたいので、飾らない自分でストレートに伝えたいと思っています」

幸せを感じる瞬間は?

 そんな真っすぐな彼女、幸せを感じる瞬間も欲望の赴くままのようだ。 「食欲の秋に限らず、一年中ずっとご飯のことばかり考えています(笑)。上手に料理をしている人の動画を見ると、それだけで幸せになるんですよ」 川添野愛 たっぷり英気を養って、今後も女優として多彩な顔を見せてほしい。 【川添野愛】 ’95年、東京都生まれ。6歳から 18歳まで児童合唱団に在籍。’15年、多摩美術大学在学中にドラマ『贖罪の奏鳴曲』で女優デビュー。主な出演作は『限界団地』『パーフェクトワールド 君といる奇跡』『春のめざめ』など。出演する映画『ミュジコフィリア』は11月19日から全国ロードショー。出演はほかに井之脇海、松本穂香、山崎育三郎ら 撮影/山本絢子 スタイリング/土屋寛也 ヘアメイク/鈴木真帆 取材・文/中村裕一 ※週刊SPA!11月2日発売号より株式会社ラーニャ代表取締役。ドラマや映画の執筆を行うライター。Twitter⇒@Yuichitter
週刊SPA!11/9・16合併号(11/2発売)

表紙の人/ 松本穂香

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠