R-30

40代の年収は10年で約10%下がっていた!

職場でも責任ある立場となり、本来はバリバリ稼いでいるはずの40代サラリーマン。一方で住宅ローンや教育費、さらには介護費用などでカネのかかる時期でもある。ところがそんな40代の年収が右肩下がりで減少しているのだ。

40代平均年収はこう変わった

クリックで拡大

 国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、平成12年には520万円を超えていた40代後半の平均年収は22年には480万円程度に、同じく40代前半の平均年収は510万円超から470万円弱に減少している。率にすると40代後半はマイナス8%、40代前半ではマイナス9.5%にもなるのだ。同時期の20代前半の下落率はというとマイナス5%強。働き盛りで、その分給与の高い40代が給料カットのターゲットになっている構図がよく見える。

 今回我々は年収が2割以上下がった人を対象にアンケートを行った。まずは収入が減った原因を聞いてみると、(1)給料カット(残業代、ボーナスのカットなど)、(2)会社都合による転職(3)自営業の業績不振(4)自己都合による転職(5)独立して自営業に、といった理由が上位を占めた。転職や独立も含まれているが、「転職せざるを得なかった」、「リストラの末に独立したがうまくいかず……」など、やむにやまれず会社を離れた姿が浮かんでくる。

 さらに年収が減って真っ先に減らした出費は?との問いには、(1)外出全般(2)小遣い(3)趣味(4)食費(5)貯金・保険、といった回答が寄せられた。ここからは、休日も家に引きこもって節約に励む、悲しい週末の過ごし方が見えてくる。

 SPA!4/3発売号「衝撃!40代の貧困化が止まらない」では、突然の年収ダウンで困窮する40代の実像を追った。明るい兆しの見えない経済環境の下、将来を考える一助にしてもらえれば幸いである。 <文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!4/10・17合併号(4/3発売)

表紙の人/中畑清

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

ハッシュタグ




おすすめ記事