恋愛・結婚

結婚相談所は知っている「意中の女性から好かれる男性が選んでいた話題」

何を話していいのかわからないまま婚活が迷走

アプリ婚活 好きな人から好かれることがなく悩んでいたテツジさん(仮名・37歳)は、女性とお話をすると何を話していいか悩んでしまい、いつも他愛もない趣味の話などで終わってしまうという婚活を続けてきました。  しかし、自分がどうしても結婚したい素敵な女性とやっと会えたことをきっかけに、次こそお付き合いまで進めたいと思い、私のもとにご相談にいらっしゃいました。  普段、デートのときはどんな話をしているかと聞くと、「休みの日に何をしているのかを聞いてデートの場所を決めたり、趣味や共通の話などで盛り上がったりするように頑張っています……。ただ、今までここからどう距離を縮めていけばいいのかわからないのです」とのことでした。

「恋バナ」が女性との距離を縮める

 実は恋愛感情が生まれやすい会話というのがあります。  それは「恋バナ」です。「えっ、気になる人に恋バナ?」と思った方もいるかもしれません。「過去の恋愛を聞くのも嫌だし、するのもちょっとな……」と感じた人は恋バナの捉え方が違っています。  恋バナとは、自分の実体験だけではなく、「もしもこうだったらどうする?」という例え話で恋愛の価値観を引き出しすることも含めます。相手の求めることを聞き出し、妄想恋愛を会話で作っていくというところまで恋バナがなのです。
次のページ
「恋バナ」をうまく使うことで…
1
2
3
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白