恋愛・結婚

「女性から『話が合わない』と嫌われてしまう男性」に共通する3つの特徴

特徴②「相手の考えにマウントをとる」

話が合わない男 相手の考えていることに対して「そう思われがちですよね」などと言ってマウントをとるのも相手を貶める行為であり、相手を否定しているのと同じです。  多くの凡人はそう思いがちだけれども「自分は違うよ」「もっとレベルが高いことを考えているよ」とマウントをとるのは、自分は気分がいいかもしれませんが、相手は不愉快な気持ちになります。

同調の意を示したほうが会話が円滑に進む

 こんな場合は「そう思われがちですよね」ではなく、「そう思うのもわかります」と言って同調の意を示したほうが会話が円滑に進みます。  自分では全然自覚がなくても、相手からは上から目線だと思われてしまっている可能がありますので注意してください。
次のページ
相手の話を否定せず、一旦受け入れる
1
2
3
4
5
6
7
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート