エンタメ

4月10日9時 ついにデビュー!ダルビッシュ有

ダルビッシュ有

ホワイトソックス戦前の練習で、キャッチボールするレンジャーズのダルビッシュ有(アメリカ・テキサス州アーリントン)写真/時事

●今年のMLBは波乱含み?

強豪・ヤンキースがレイズ相手に敵地で3連敗。開幕2戦目を任された黒田博樹はドジャース時代の9イニング当たり平均与四球2.1という抜群の制球力を欠き、8安打6失点4四球で初陣を飾れなかった。

バレンタイン新監督率いるRソックスも然り。強打タイガース相手に2戦目は0-10の大敗、3戦目も12-13と延長逆転サヨナラ負けと、開幕3連戦で26失点と衝撃的な3連敗。ヤンキースとRソックスの両軍が開幕3連敗スタートしたのは、45年前の’66年までさかのぼるのだ。

現地各メディアは「嵐の幕開け」など開幕シリーズを評しているが、さてダル君の初陣はいかに!? 日刊SPA!ではダルビッシュ有投手の全先発試合のマッチアップレポートを配信します! お楽しみに!

【Game#1】vsシアトル・マリナーズ

Monday April 9, 2012
日本時間4月10日(火) 朝9時~
ダルビッシュ今季成績:0勝0敗 防御率0.00

【寸評】いよいよ檜舞台に上がるダルビッシュ有。相手はイチロー率いるマリナーズ。先発のマッチアップは昨年ヤンキースでMLBデビューを果たした25 歳の右腕ヘクター・ノエシ。メジャー初先発のダルビッシュか、3度目の先発となるノエシか。軍配はどちらに!?

【マッチアップ】

■シアトル・マリナーズ:へクター・ノエシ(0勝0敗)

1月にヤンキースから移籍した25歳のノエシが、マリナースでの公式戦デビューを飾る。MLBの先発としてはわずか3度目の登板となるが、4月4日のロッキーズ戦で7回1失点の好投を見せ、開幕ローテーションに滑り込んだ。カクタス・リーグ(オープン戦)では防御率1.50の好成績。

■テキサス・レンジャーズ:ダルビッシュ有(0勝0敗)

ダルビッシュがメジャーリーグで初先発を迎える。日本ハム時代は、7年間で93勝38敗、防御率1.99。過去5シーズンに限れば、76勝28敗、防御率1.72。テキサス・レンジャーズに所属する6人目の日本人として初勝利を目指す。

<構成/NANO編集部
海外サッカーやメジャーリーグのみならず、自転車やテニス、はたまたマラソン大会まで、国内外のスポーツマーケティングに幅広く精通しているクリエイティブ集団。「日刊SPA!」ではメジャー(MLB)・プロ野球(NPB)に関するコラム・速報記事を担当。

ハッシュタグ




おすすめ記事