お金

ユニクロ、しまむらに次ぐ「業界3位」の底力。“地盤沈下”しない2つの理由

化学メーカーで勤務を行う傍ら、経済本や決算書を読み漁ることが趣味のマネーライター・山口伸です。 『日刊SPA!』では「かゆい所に手が届く」ような企業分析記事を担当しています。さて、今回は株式会社アダストリアの業績について紹介したいと思います。 アダストリアは「GLOBAL WORK」や「niko and …」、「LOWRYS FARM」などのブランドを展開し、アパレル大手として存在感を示してきました。業界ではファーストリテイリング、しまむらに次ぐ3位の規模をほこります。SPA(Speciality store retailer of Private label Apparelの略)、マルチブランド展開を武器に成長してきた同社ですが、近年ではEC強化はもちろんのこと、何故かアパレルとの相性を見出しにくい飲食業態にも進出しているようです。アダストリアの歴史と近年の施策、そして飲食業態進出の狙いについてまとめてみました。
LOWRYS FARM

LOWRYS FARM Instagramより

紳士服の小売業からマルチブランド展開

株式会社アダストリアは1953年に茨城県水戸市で開業した紳士服の小売店がルーツとします。1973年にはメンズカジュアル分野に進出し、92年からは「LOWRYS FARM(ローリーズファーム)」を通じて女性向け業態にも進出しました。台湾への出店で2003年から海外展開を始め、その翌年には東証一部上場となりました。その後、商品企画や生産体制を内製化し、2010年代からはSPA体制をとります。 2013年には「niko and …(ニコアンド)」、「studio CLIP(スタディオクリップ)」などを展開するトリニティアーツを子会社化して主力ブランドを拡充。その翌年には複数ブランドに分かれていた傘下のECをまとめ、自社EC「.st(ドットエスティ)」の運営を開始しました。

アダストリアの主力4ブランドの特徴は?

現社名に変更したのは2015年のことです。直近2023年2月期における全社売上高は2,426億円で、主力4ブランドの特徴と売上高(EC含む)は以下の通りです。同期末時点でアパレル事業では国内外1,435店舗(内海外は95店舗)を展開しています。 グローバルワーク:456億円、20~30代の男女がターゲット、シンプルさが特徴。 ニコアンド:298億円、25~35歳の男女がターゲット、シンプルだがややラフな印象。 ローリーズファーム:214億円、20~30代の女性がメイン層、質素かつシンプルさが特徴。 スタディオクリップ:203億円、30~40代の女性がメイン層、大人の女性をイメージし他ブランドよりやや高価格帯。
次のページ
主力4ブランドはなぜ高い認知度を得られたのか
1
2
3
おすすめ記事
ハッシュタグ