仕事

ゴミ収集業者で働く24歳女性が、仕事中に「意外と楽しい」と思える3つの理由――大反響トップ10

上京後に「そんなに甘くない」と痛感

Hinano

「Hinano」の名前でダンサーとして活動する(提供写真)

 ひなのさんはより一層、ダンスに励んだ。その一方で、生活はいっこうに落ち着かずに悩んでいたという。 「わかってはいたのですが、そんなに甘くないんだなって。食べていくのは本当に難しい。クラブで1ステージをこなしても数千円、ダンススタジオで講師として1レッスンを教えるだけでも無理で、何十クラスも受け持たないといけない。もちろん、それで頑張っているダンサーもたくさんいますけど、それでは自分の時間が全くとれなくなってしまう。  そのうえ、突発的なオーディションが入れば、誰かに代講を頼まないといけなくなるし、生徒にも申し訳ない気持ちになってしまって」

「なんでも人生経験」ノリで事故物件の清掃や飛び込み営業の仕事も…

齋藤ひなの ダンサーを続けながら生計を立てるにはどうしたらいいのか。ひなのさんは、さまざまなアルバイトを試してみた。 「最初はコールセンターから始まって、不動産や通信会社の飛び込み営業、事故物件の清掃などもやりました」  一般的には“大変そう”な仕事をあえて選んでいるようにも思えるが……。 「体を動かしていたいタイプなので、ふつうのデスクワークとか事務はできないと思って。もともと、なんでも人生経験としてやってみたくて。けっこう“フッ軽”(フットワークが軽い)というか、ノリなんですよね」
次のページ
「夜に働くしかない」
1
2
3
4
おすすめ記事