スポーツ

福永祐一調教師が振り返る「巨大なプレッシャーが襲いかかった‟あのダービー”」

 現役時代に「天才」と呼ばれた元騎手の父・福永洋一が成し遂げられなかったダービー制覇を実現した福永祐一氏。20年にコントレイルで無敗のクラシック三冠を達成。23年にまさに全盛期での引退し調教師への転身を決断。自身の厩舎を開業してセカンドキャリアをスタートさせる。 (本記事は、福永祐一著『俯瞰する力 自分と向き合い進化し続けた27年間の記録』より抜粋したものです)

偶然がもたらしたキングヘイローとの出会い

福永祐一

写真/橋本健

 27年間の現役生活中に行われた日本ダービーは28回。引退して改めて気づいたのは、28回中23回もその舞台に立てたという光栄な事実だった。毎年、ダービーの舞台に駒を進められるのは、選ばれし18頭と18人。そこに名を連ねることすら難しいのに、23回も依頼をもらえたこと、そしてあのダービー特有の東京競馬場の雰囲気をターフから23回も味わえたこと。それ一つを取っても、本当に幸せなジョッキー生活だったと思う。  初めて先頭でゴール板を駆け抜けたのは、19回目のダービーで、ワグネリアンに騎乗した2018年のことだった。あの勝利には“初めて味わう感情”“初めて経験した時間”、そしてそれまでのジョッキー人生における一番の喜びと感動が詰まっていた。  一番の緊張、一番の絶望、そして一番の感動──。思い起こせば、自分にいくつもの“一番”を経験させてくれた舞台、それがダービーだった。  始まりはデビュー3年目の1998年。前年9月のある日、坂口正大厩舎におじゃましていると、坂口先生のもとに一本の電話があった。その後、「(武)豊が乗れなくなったらしい」というような先生の声が聞こえてきた。そして、たまたま居合わせた自分は、先生からこう言われた。 「君、乗るか?」  そのとき、豊さんが乗れなくなった馬こそキングヘイロー。そんな偶然がすべての始まりだった。

ダービーまでの1週間は取材に追われる日々

 10月の京都でデビューすると、新馬戦、黄菊賞、東京スポーツ杯3歳Sと3連勝。それまでにも良い馬の背中は味わっていたが、キングヘイローの背中は、それらどの馬とも違った。「やっぱり豊さんに依頼がいくような馬は違う」と思ったものだ。  その後、ラジオたんぱ杯3歳Sで2着、弥生賞3着から、クラシック第一弾である皐月賞へ。当時の自分はデビュー3年目にして、すでに上位人気馬で何度かGⅠに出走していたが、不思議なことにまったく緊張することはなかった。  それもあって、自分は緊張しないタイプの人間なのだと思っており、実際、3番人気に支持された皐月賞も平常心で挑めた。レース後に思ったのは、「これならダービーも緊張せずにいけそうだな」ということ。ダービーまでの1カ月半がどんな時間かも知らずに……。  皐月賞は、勝ったセイウンスカイから半馬身差の2着。皐月賞で1番人気3着だったスペシャルウィークを加えて、ファンやマスコミは「3強対決」だと盛り上がった。当然、自分にも取材が殺到。ほぼすべてのメディアの取材を受けていたような記憶がある。  なかでもダービーまでの1週間は、毎日のように取材に追われた。さすがにそんな経験は初めてで、取材に応えれば応えるほど“ダービー”というレースの重さがのしかかってくるようで、自分のなかでどんどんと緊張が高まっていった。うまく表現できないが、緊張が高まれば高まるほど、自分の中から“何か”が抜けていくような感覚だった。  前々日の金曜日に関西から都内へ移動し、東京競馬場まではタクシーに乗ったのだが、流れゆく外の景色を見ながらあまりにもいろいろなことを考えすぎて、逆にフワフワしていたのを覚えている。
次のページ
「このまま落馬してしまおうか……」
1
2
3
勝SPA!
俯瞰する力 俯瞰する力

自分と向き合い進化し続けた27年間の記録

おすすめ記事