デジタル

若手社員にオススメ! 究極のメモ用紙ツール

【メモプリ MEP-T10】


モノクロのタッチパネル液晶を搭載したラベルライター。USBケーブルでつないだPCから印刷できるほか、本体で文字指定したり手書きしたりしたデータもプリントできる。カレンダーや時計、メモ書き機能を搭載しており、机上の便利グッズとしても重宝する。カラーは3色で、サイズはW119×D146×H67㎜。AC電源と単3形乾電池4本で稼働する。専用ラベルシールは5m×2巻で500円だ

メモプリ◆今日からメモ達人になれる!?メモ用紙の究極形が登場

 モノクロのタッチパネル液晶を搭載したラベルライター。USBケーブルでつないだPCから印刷できるほか、本体で文字指定したり手書きしたりしたデータもプリントできる。カレンダーや時計、メモ書き機能を搭載しており、机上の便利グッズとしても重宝する。カラーは3色で、サイズはW119×D146×H67mm。AC電源と単3形乾電池4本で稼働する。専用ラベルシールは5m×2巻で500円だ

 ペーパーレス化が進んだ現在でも、机上にメモ用紙がないと不便に感じる人は少なくないだろう。カシオ計算機の「メモプリMEP-T10」は、その“机上のメモ用紙”の究極形だ。

メモプリ

上段は、PCのほかAndroid端末とも連携できる「MEP-B10」。下段はPCのみに対応する「MEP-U10」。実勢価格は8000円と6000円だ

 MEP-T10はラベルライターにカテゴライズされるが、本体に3・6型のタッチパネル液晶を備えており、スタイラスペンで手書きしたメモをデジタルのまま最大99件保存しておけるのが特徴。日付や時刻情報にヒモづけて記録できるので、電話中のとっさのメモも、あとから追いやすい。必要があれば専用テープに印刷して、手帳や書類などに貼り付けられるが、普段はデジタルメモのまま机上に残しておいて、用件が済んだら消せばいい。プリント機能を選択的に利用できることで、紙をムダに消費せず、必要な場合だけ利用するという、合理的で現実的なペーパーレス化を実現するのだ。専用テープは貼りやすくはがしやすい適度な粘着性を持っており、裏紙なしに使える。場面に応じて付箋紙にもシールにもなる。ペーパー化したあともムダがなく、臨機応変だ。

 加えて、USBケーブルでPCと接続すれば、デジタル書類のテキストをコピー&ペーストで抜粋してプリントすることも可能。メールや住所録と組み合わせれば、上司の書類に、取引先の担当者とその電話番号を添えた「要連絡」付箋を貼って株を上げたり、部署全員の苗字をまとめて印刷して素早く名札を作ってムダな残業を減らしたりと、ナイスアイデアが労せずに実現できるはず。

 MEP-T10の兄弟機には、Bluetooth対応のアンドロイド端末とも連携できる「MEP-B10」がある。こちらもデジタルデータとの多彩な連携が可能なので、仕事でスマホを使っているなら面白いアイテムだろう。ただし、電話しながらのメモ書きが紙と同じ感覚でできるのはMEP―T10のみ。その替え難い魅力を重視して、約1万円の高価なモデルながら、シリーズ最上位モデルをイチオシに挙げた。

古田雄介

◆サブカルライター・古田雄介の物欲刺激度 2.5/3

メモアプリを活用しつつも、紙の付箋を手放せないデジタルライター

◆編集担当Kの物欲刺激度 2/3

デスクワークが多い人にはピッタリの逸品でしょう。手書きメモをアラーム設定すれば、指定した時刻に登録した内容を音とともに表示してくれるなど、まさに至れり尽くせりのメモツールだ。特に電話番が多い若手社員にはオススメ。メモを受け取った上司や先輩から、手際のよさに高評価を得られるかも




おすすめ記事