雑学

恐怖!ホームにたたずむ「顔イラスト女」【街の異人ファイル3】

顔イラスト女

※クリックで拡大します

<ファイル3> 『顔イラスト女』

 時はさかのぼること、2006年11月頃、渋谷に出かけた帰り、夜10時頃だったと思います。JR渋谷駅ホームにて目撃しました。なんというか、物凄いイメージでした。いや、もはや恐怖でした。なるべくリアルに描いてそのままを伝える、と最初から決めて描いてるんですが、この絵は少々説明が必要な気がします。

 厚手のケント紙? 下敷き? のような紙に、いわゆる少女漫画をポップにした感じの顔イラストが描かれてあり、顔の位置に当て、さらにその上からアラレちゃんメガネを…。しかも電車が到着しても乗りません。な、なんで? これはひとつのパフォーマンス・アート? 現代美術? ファイン・アート? いろいろと『?』過ぎて、未だに結論は出ていませんが、僕の絵を観た周りの意見をまとめると、何かの罰ゲームっしょ、ってことで落ち着いています。

 僕は少し離れたところにいたんですが、僕の横にいた女子3人組(若者)も、「何? アレ、芸能人?」、と話してました。しかし、さすが渋谷。辺りにはたくさんの人々がいました。凄過ぎたので、周りの方々の反応や状況を確認したんですが、僕の横にいたその3人以外は、さほど気にしていませんでした。これだけのことをしてる人がいるにもかかわらず、ほぼないことになっていました…、それも恐怖です。

【ミラクル沼尾】
イラストレーター。主に雑誌を中心に活躍。06年秋頃から、街でみかけた普通じゃないけど入院するほどじゃない人や、どんなジャンルのファッションにも属さない人、などを勝手に”間(あいだ)の人”と呼び、シリーズ「人の間(ひとのあいだ)」を描きはじめる。

●ミラクル沼尾HP http://miraclenumao.com/

●人の間動画ページ
http://www.youtube.com/playlist?list=PL457EDD875AC29938&feature=plcp




おすすめ記事