デジタル

『ルミネス』シリーズ生みの親「ゲームを通して共感覚体験してもらいたい」

ゲーム業界のキーパーソンが登場! 【 トップクリエイターの仕事場】

←前編はコチラ

◆【後編】 「シナスタジア」

水口哲也氏 ’04年発売の初代『ルミネス』は、PSPというハードにインスピレーションを受けて、制作を始めました。PSPが発表されたとき、これはインタラクティブウォークマンなんだろうなと感じたんです。単純に音楽を聴くだけではなく、音楽と映像を融合させる端末ではないか。だったら、まるで音楽を操れるようにプレイできるゲームがあればすごく面白いことになるだろう、と。

 初代『ルミネス』は、最初のステージがサンセットで、最後は日の出で終わる。「エンディングで泣いた」という感想もあったんです。ゲームの達成感と自分でストーリーを紡いだという物語感が絡んで、泣けたんでしょう。バラバラに進化した音楽と映像と物語を、ゲームというメディアでどう融合させるか。僕はそんなことばかり考えています。「シナスタジア」、日本語で言うと「共感覚」という言葉が僕は好きでよく使うんだけど、それは色に音を感じる、音を見るというような感覚です。ロシアの抽象画家のカンディンスキーが、モスクワの街を一日中散歩して聞いた音を一枚のキャンバスに表現したように、僕もコンピュータというキャンバスで共感覚的な体験を皆さんに味わってもらえたらなあと、いつも考えています。

 今回の『ルミネス エレクトロニックシンフォニー』は、PS Vitaのハード性能に合わせた『ルミネス』の進化形です。世界中のプレイヤーが協力できるソーシャルな遊びも入ってますし、何といっても楽曲が豪華。アンダーワールドやケミカル・ブラザーズなど、皆さんに馴染みのある曲を預かって、僕らが独自のストーリー性を付けました。一ユーザーとして遊んでも本当に楽しかった(笑)。今回は絶対に買って損はさせません。

【水口哲也氏】(キューエンタテインメント)
ゲームクリエーター。音楽と映像を融合させた独特の作風。代表作は『ルミネス』『スペースチャンネル5』など

ルミネス エレクトロニック シンフォニー

『ルミネス エレクトロニック シンフォニー』(PS Vita)はただいま発売中

(c)2004-2012 Q ENTERTAINMENT Inc. (c)2004 Bandai/NBGI. Art Assets excluding Q ENTERTAINMENT Inc. and NAMCO BANDAI Games Inc. elements (c)2012 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Based on the Lumines franchise owned by Q ENTERTAINMENT Inc. and NAMCO BANDAI Games Inc. and is used by Ubisoft Entertainment under license granted by Q Entertainment. LUMINES is a trademark of Q ENTERTAINMENT Inc. and NAMCO BANDAI Games Inc. and is used under license. Ubisoft and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the US and/or other countries.

ハッシュタグ




おすすめ記事