雑学

ネットを解約しても意外とすぐ慣れる?

“一億総インターネット”時代到来かと思いきや、「家にネットがなくても平気」という人々が、実は数多く存在していた! 家にネット環境がなく、ケータイのネットも積極的には使わないという彼らの実態とは?

【CASE2】金欠でネットを解約するも、意外とすぐ慣れちゃった!
小林和真さん(仮名)・25歳・メーカー営業

ネットしてない歴 1年
趣味はフットサル。「試合への交通費だけで往復1500円くらいかかるので、ほかの出費は極力抑えたいんです」。勤務先は有名文具メーカーだが、「残業手当はほぼ出ません」と嘆く

「やむを得ずネットを解約したんですが、ネットがない生活にはすぐ慣れてしまいました」

 そう語るのは、社会人3年目の小林さんだ。実家から会社へは片道約2時間かかるため、一人暮らしを決意したのが昨年の冬のこと。だが、引っ越しの準備を終えた頃、思いもよらぬ事態が彼を襲った。

「業績悪化を受けて、給料が引き下げられてしまったんです。元の給料を前提に収支を計算していたので、もくろみが外れてしまって……。仕方なく、消去法でネットを解約することにしたんです」

 現在の手取り額は16万5000円。都内で一人暮らしをすれば、半分近くが家賃・光熱費に消える。しかしネットを断つとは、一人暮らしには死活問題では?

「それが、そうでもなかったんですよ。ある程度のことはケータイで調べられるし、帰宅後は、家事や筋トレなどであっという間に過ぎてしまいます。どうしてもネットを使いたければ、週末に実家に戻ればいいだけ。面倒なことといえば、iTunesに取り込んだCDの曲名を、自分で手打ちしていることくらいです(笑)」

 飄々と語る彼だが、そうはいっても25歳独身男子。エロ動画が見られないとなると、”夜のオカズ”はどこで調達しているのか?

「DVDのレンタルですね。原点回帰です。久々にレンタルショップの会員になって、足を運ぶようになりました。ついでに映画のDVDも借りたりして、むしろ文化的な生活になりつつあります」

 ただ、そんな彼が唯一懸念することがあるという。

「あまりにも労働環境が悪いので、来年春までには転職したいんです。ただ、そのためには転職サイトに登録しないといけなくて……。まさか会社のパソコンから見るわけにもいかないし、ネットするお金がないから転職したいのに、これじゃ本末転倒ですよ(笑)」

― ネット無しでも[快適ライフ]白書【2】 ―




おすすめ記事