エンタメ

大阪の街角に出現!「飛び出しパンダ」の謎

飛び出しパンダ

手作り感あふれる「飛び出しパンダ」

大阪市内のとある街角で、妙なものを発見した。

阪神タイガースの帽子をかぶったパンダが「とび出し注意!」と書かれたボードを背負った立て看板。いわゆる「飛び出し小僧」の一種なのだろうが、なぜパンダ? しかも後ろ姿って……?

不思議に思いつつ歩いていると、また別の飛び出しパンダを発見。さらに、おしゃれなカフェの店先にパンダのイラストがあったり、昔ながらの商店街の中にいきなりパンダグッズ専門店があったりと、なんだかパンダだらけなのである。

上野動物園じゃあるまいし、なぜこんなにパンダをフィーチャーしてるのか。お店の人に尋ねても黙して語らず、謎は深まるばかり……な~んてことは全然なく、ちょっと聞いたらめっちゃ親切に教えてくれた。要はコレ、その界隈の雑貨店やカフェが共同で開催している「パンダウォーク」というイベントなのだ。

「今年で3回目になります。昨年は1300~1400人の方が参加されました」と言うのは、雑貨店「サリーマクレナン」店主の女性。パンダグッズがもらえるスタンプラリー、期間限定のパンダグッズ販売など、とにかくパンダづくし。例の「飛び出しパンダ」は今年からの企画で、イベント実施店近辺に10カ所設置されている。

「オブジェ的なものを作ろうという話になって、どうせなら役に立つものにしようと。飛び出しパンダを探しながら町歩きを楽しんでもらえれば」とのことで、最初に見つけたパンダが後ろ姿だったのは、たまたま誰かが後ろ向きに置いちゃっただけのようだ。

にしても、なんでパンダなんスか?

「いや、単に私ともう一人の発起人がパンダ好きだったんで」って、それだけの理由かよ!

まあ、そんなゆるさも味わいのうち。歴史を感じさせる町並みに

おしゃれな雑貨店やカフェ、ギャラリーが散在する界隈は、女子ウケ間違いなしですよ。

イベントは7/10(日)までの開催。
詳細は、http://dix-annees.whitesnow.jp/pw-vol3/pw-vol3.html へ。

取材・文/新保信長

ハッシュタグ




おすすめ記事