雑学

電気ダイエット「EMS」は痩せるのか!?

  前回、EMS(電気的筋肉刺激)を使った器具でダイエットに1週間挑んだメタボライターのK。前回の企画から、引き続きダイエットに1か月間挑戦した模様をお届けする。

※前回のチャレンジの模様はこちら⇒http://nikkan-spa.jp/185053

 EMSとは、“Electrical Muscle Stimulation”の略で、微弱な電気で筋肉を刺激し、収縮させることで筋肉を鍛える運動法。ベルトタイプやグローブタイプのものがあり、手軽に利用できるので男女問わず人気がある。今回は、このEMSを使ったダイエットグッズのうち、本誌でも紹介した「スレンダートーン エボリューション」と「エクサグローブスパ」の2つを使ってダイエットにチャレンジ。「スレンダートーン エボリューション」は1日30分お腹に、「エクサグローブスパ」は入浴中に10分程度顔に使ってみた。

⇒【画像】はこちら http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=229833

 

 チャレンジ1週目。お腹に肉がつきすぎているせいか、どちらのダイエットグッズも初心者用のプログラムでは刺激が弱い。そのため、刺激の強い上級者向けのプログラムで挑んだ。本誌の企画の段階から食生活には注意していたため、体重は1kgちょっと減少していた。それでも、お腹や顔が引き締まったという感覚はいまだ得られずじまい。さすがにウエスト116cmの脂肪は、ちょっとやそっとじゃ鍛えられないようだ。

 2週目も見た目に大きな変化がないものの、食生活の改善とダイエットに挑戦しているという心がけで、少しずつ体重が落ちてきた。このまま頑張れば、「久しぶりに体重が夢の2桁に戻る!」と思った矢先、3週目に落とし穴が……。

2泊3日の韓国出張、それがなんと3食豪華な食事付き(!)。「いっぱい食べてくださいね!」というツアースタッフのあまい誘惑に負けてしまい、体重は一気にリバウンド。旅行中もダイエットグッズを使い続けたが、体重が102kgから107kgまで増えてしまった。恐るべき韓国。だが、本場の焼肉やプルコギをお腹いっぱい満喫できたので、メタボライターとして悔いはなし。カンサイムニダ、韓国! 最後の1週間で頑張ろうと心に誓い、日本へと帰国した。

韓国で味わった料理の数々。思い返せば、お肉ばかり食べていた気がする……

 そして迎えた最終週。グッズの使用時間をそれぞれ倍にし、大好きな炭水化物の摂取量を減らすも、焼け石に水。結局、体重は106.6kg。誘惑に負けた僕では、1か月では痩せられなかった。ちなみに、普通の体型の嫁が自分と同じ強度のプログラムに挑戦したところ、「刺激が強すぎる!」とのツッコミを受けた。自分にとってはちょうどいいのだが、「それはあんたがデブすぎるからでしょ!」とピシャリ。返す言葉もない。個人差はあるだろうが、僕のように脂肪がつきすぎている人は、ウォーキングなどの身体に負担が少ない運動で脂肪を落としてから使ったほうが効果が望めそうだ。嫁に「早く痩せろ」となじられ続けているので、運動を取り入れつつ、引き続きEMSを使ったダイエットにも挑戦していきたい……とは思う。 <取材・文/黒田知道>




おすすめ記事