R-30

テク&グッズで車内をリラックス空間に!

総務省の調査によれば、関東大都市圏の男性が通勤に費やす時間は、一日平均92分(平成18年)。それをはなから使えない時間と諦めるのはもったいなくないか? 時に追われる現代人の”最後の金脈”通勤時間。今日から実践できる究極の活用法を紹介しよう!

テク&グッズで車内をリラックス空間に!

通勤電車でいかにリラックスできるかによって、仕事の能率も変わるというものだが、車内の隣人は一体どんなリラックス法を実践してる?

「さわやかな曲で自分だけのモーニングコンサート」(46歳/男)、「疲労を残さないように満員電車では踏ん張らず、周囲に体重を預ける」(56歳/男)などのほか、「あえて各停に乗って座席確保でガッツリ睡眠」(26歳/女)、「タオルを厚めに畳んで肩に置き、首を横にコテッとすれば快眠できる」(37歳/男)、「端から2番目の席に座り、窓の出っ張りに頭をのせて寝る」(38歳/女)といった具合に、快眠テクを中心に独自の方法を開拓しているもよう。

さらにより快適に過ごすためのお役立ちグッズを本誌「デジペディア」でもおなじみのITライター・古田雄介氏に推薦してもらった。

 まずは快眠誘導CD「Catnapper」。30分の演奏時間でちょうど目が覚める設計で、わずかな時間でしっかり快眠して疲労回復! 

お次は首専用・低周波治療器「ネックリフレ」。寝ながらでも立ちながらでも首のコリをほぐせるから、毎朝マッサージ店通い気分だ。

最後は車内を映画館に変える「ヘッドマウントディスプレイ」。周囲から奇異な目で見られるのを覚悟できれば、映画を観たり癒し映像を観たりと、一人の世界に没頭できる。

100831_BKR_017.jpg
ヘミシンク効果が快眠を誘う
左右の脳に別々の周波数を流して脳全体を同調させる、
ヘミシンク効果を睡眠用に採り入れた30分強の音楽「Catnapper」。
曲の終わり近くに覚醒用の周波数を発生させるので、
30分のうたた寝のあと、シャキッと目が覚める。
iTunesストアで1500円。同種の音楽CDも多数あり


100831_BKR_02.jpg
低周波の力でマッサージ
「ネックリフレEW-NA11」を首の後ろに装着すると、低周波の力で首の
コリを和らげてくれる。選べるモードは「押し」「揉み」「さすり」で、強弱は
10段階で調整可能だ。職場や自宅でもマッサージできるのが魅力だ。
製造元はパナソニックで、実勢価格は7000円


100831_BKR_03.jpg
車内で自分だけの大画面映像
単3乾電池2本で稼働するヘッドマウントディスプレイ「Wrap310」。
一見サングラスのようだが、ビデオ映像端子でMP3プレーヤーや
iPodなどと繋ぐと、目の前にワイドサイズの大画面が映し出される。
3D映像も視聴可能だ。
製造元のVUZIX直販サイトで2万9800円


― 憂鬱な空間を一変する(得)通勤革命【1】 ―




おすすめ記事