R-30

「代表作を残したい」40代でも夢を追う社長

いつまでも変わらない今ドキの40歳の日常とは?

◆ある会社社長の場合「代表作を残したい」

100907_BKR_06.jpg
 従業員12人の設備会社社長で、景気は決してよくないというが、給排水や空調の設計からメンテナンスまで手がける会社は順調。

 こう聞けば、40歳相応どころか、生活も人生も”安定期”に突入。人も羨む順風満帆さだが、牛山博喜さん(42歳)自身は決して満足はしていない。なぜなら、それは”代表作”がないから。

「生まれてきたからには、何かを残したいじゃないですか」

 牛山さんが人前に立つ快感を覚えたのは、小学校3年生のときに、学芸会で主役に抜擢されたのがきっかけ。高校時代には、社会人のアングラ劇団に所属。劇中音楽を作るうちに、音楽のおもしろさを知り、ミュージシャンを目指す。高校卒業後、便利屋や探偵、貸倉庫業などでお金を貯め、音楽修業に単身渡英したりもした。

 が、食ってくためにと、帰国後就いたのは配管業。10年前に独立し、「今の仕事も形が残る仕事ではある」が、夢は捨てきれないのだ。結成して6年になるバンドは、今も年1回のライブを行っている。有名ミュージシャンのバックバンドを務めているメンバーもいるが、今から、このバンドで目が出るのは難しい。しかし、役者だったら、可能性はある。

 また自分には昔から絶対的な自信を持っていた”声”がある。声は年齢と関係なく武器になる。アテレコやナレーションという道もある。

「ドラマ『白い巨塔』で大河内教授を演じた品川徹さんは、舞台役者として活動されていて、このドラマで一気に注目を集めた。役者は、いつ花開くかわからないから」

 現在は、劇団のオーディションを受けるなどし、舞台に出演。今年はすでに3本の作品に出た。一旦、舞台への出演が決まれば、千秋楽まで稽古期間も含め、2か月は芝居漬けで、社長業は休業。当然、無名の客演にギャラはない。

「中身は何も変わっとらんのに、年だけ重ねちゃってさ。何やってたの?って感じですよ(笑)」

― 最近の40代は子供っぽ過ぎる!【2】 ―




おすすめ記事