R-30

「電車内の迷惑行為」ワースト10

◆マナー違反の増加に乗客たちの我慢も限界!?

マナー,電車 5月21日、東京メトロ副都心線渋谷駅構内で所沢市の男性(53歳)が、見知らぬ男に刃物で刺される事件が発生した。犯人は2日後に逮捕。警察の取り調べでは、「人生で話し相手が少なく、収入も少ないことからイライラしていた。電車内で男性とぶつかりストレスが爆発した」と供述している。

 このような傷害事件に限らず、不特定多数の人間が乗り合わせる電車内では、トラブルの“火種”があちこちに転がっている。

 週刊SPA!では、電車で通勤通学している男女200人を対象に「電車で迷惑だと思う行為」のアンケートを実施。日本人が電車内のどのような行為に「イライラしている」のかを探った。

 アンケート結果は上記のとおりだが、意外なことに「携帯電話の通話・着信音」「車内での化粧」など、巷でよく取り沙汰される行為を迷惑だと回答した人は、全体の半分以下にとどまった。

 逆に目立つのは、「騒音」「マナー」「座り方」など、電車内での“態度”を問う意見だ。

「大声で会話している人たちがいると他人の話をこれ見よがしに聞かされている感じで神経を逆なでされる」(35歳・男性)

「席に座りたいがために並んでいる列を無視して割り込む人がイヤ!」(29歳・男性)

「詰めればもう1人座れるのに微妙な間隔を空けて座る人。中年男性に多い気が」(31歳・女性)

 こうした声が多い原因は、「自分はマナーを守っているのに」という乗客同士の不公平感にありそうだ。電車内で迷惑行為をする人々は、他人に迷惑をかけている自覚がない。電車の中には常識の斜め上を行くような人々が増加しているようだ。ここから、そんな迷惑人間たちの生態を見ていこう。

『満員電車での自分勝手な行動』に続く⇒http://nikkan-spa.jp/232403

【電車で迷惑だと思う行為ワースト10】

1位 騒々しい会話 133人(66.5%)
2位 乗降時のマナー129人(64.5%)
3位 座席の座り方128人(64.0%)
4位 ヘッドホンの音漏れ116人(58.0%)
5位 酔っ払っての乗車104人(52.0%)
6位 携帯電話の着信音や通話98人(49.0%)
7位 車内での飲み食い90人(45.0%)
8位 香水などの強い匂い 82人(41.0%)
9位 混雑した電車で雑誌・新聞などを読む、携帯・ゲームを操作する81人(40.5%)
10位 車内での化粧71人(35.5%)

― 電車内の[迷惑(狂)人間]図鑑【1】 ―




おすすめ記事