デジタル

下見なしでも東京スカイツリーデートを成功させる方法

7月11日から当日券も発売し、ますます世間の注目を集めている日本の新名所、東京スカイツリータウン。巷ではスカイツリーの観光ガイドブックや、アプリなども続々と登場している。そこで今回は、アプリの一つ『東京スカイツリータウン&下町散歩 まっぷる』を使ってスカイツリーデートを実行。収録されたモデルプランの“7大撮影スポットで記念写真を撮ろう”のコースを、実際に巡ってみた。 ※文中の(1)~(12)はコースの順番 ◆アプリを使って東京スカイツリーを遊び尽くす!  デートの待ち合わせ場所は、(1)とうきょうスカイツリー駅。お相手の緒川えりのちゃんと合流し、デート開始。アプリの案内に従って、まずは(2)東武橋に向かうところからデートをスタート!
とうきょうスカイツリー駅

(1)とうきょうスカイツリー駅

「ここは、スカイツリーから一番近い橋なんだ」と、アプリから仕入れたウンチクを披露しつつ、スカイツリーを見上げる。 【東武橋】画像はコチラ⇒https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=236186
東武橋

(2)東武橋

「うわっ、大きい~!」と、初めてみる生のスカイツリーにえりのちゃんも大興奮! ご機嫌な彼女をエスコートし、本命の(3)スカイツリーに移動した。  しかし、平日にもかかわらず、施設の中は人だかりがすごい。人混みに酔って疲れてしまう前に、次の(4)京成橋に移動することに。ここは、隣接するビルとスカイツリーをキレイに撮れるスポット。2つの高層建築が立ち並ぶ姿は迫力がある。橋の上で記念撮影し、東武スカイツリーラインの沿線にある(5)撮影広場の見晴らし台に向かう。ところが、撮影広場は封鎖されてしまったようで、中に入ることはできなかった。アプリでは、撮影広場で撮影したスカイツリーの写真が見れただけに残念だ。 【京成橋】画像はコチラ⇒https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=236258
京成橋

(4)京成橋

 続いて、(6)カーブミラーと川に映るスカイツリーを堪能すべく、(7)十間橋へ。風が強かったため、残念ながら川に反射するスカイツリーはキレイに拝めなかったが、「おもしろ~い!」と、カーブミラーや川を覗き込むえりのちゃん。ユニークな撮影スポットが簡単にわかるのも、このアプリの大きなウリだ。 【カーブミラー&十間橋】画像はコチラ
⇒https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=236259
<後編>に続く⇒https://nikkan-spa.jp/236182
下町散歩 まっぷる

下町散歩 まっぷる

【東京スカイツリータウン&下町散歩 まっぷる】 スカイツリーの撮影スポットやグルメ、カフェなど、約300件の情報を閲覧できるアプリ。5つのモデルコースも用意されており、初めての人も安心 モデル/緒川えりの ― ぶらり[東京スカイツリーの旅]のススメ【1】 ―
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事