マネー

月収50万円! 意外と稼げるヤバイ副業

副業

家賃18万円のマンションに住んでいるという新堂さん。同年代の中では堂々の勝ち組だ

 イベント関連はカネになる。ネット上には無数の出会い系パーティ告知が氾濫しているが、これらに客をあて込むのが俗に言う「イベント集客屋」。裏方だが、実はかなり儲けられる副業なのだ。

「軌道に乗れば主催者よりもずっとラクに稼ぐことができますよ」 。そう話すのは、実際に集客屋を副業にする新堂司さん(仮名)だ。キャリア8年、大手情報処理企業のシステムエンジニアである新堂さんは、本業で月収27万円を得る傍ら、毎夜開催される約150ものパーティ団体と契約し、集客することで月平均50万円を稼ぎ出しているという。

「僕の場合、最初はお客さんとしてパーティに参加していました。そこで主催者と仲良くなり、次第に集客を頼まれるようになったのがきっかけです。人を集めるだけでバック(現金)が入るなら、やってみようかなって」

 仕事内容は各パーティへ客を送り込むだけ。パーティ会場を通じて繋がった男女にメールでイベント告知をし、それを見て来訪すれば参加費の約50%がバックされる仕組み。3年の間にメーリングリストは1万人を越え、月20万円の実入りが得られたという。

「当初の集客方法のパーティ会場でのナンパは大変でしたが、SNSサイトに切り替えてから収入も効率もグンと上がりました。『出会い』をキーワードにコミュニティを作れば簡単に人を集められる。主催者と違い、会場にわざわざ行く必要がないので、時間も取られません。本業の技術を活かして、告知もメールの返信も自動化しているので、実働は月に50時間ほど。主に土曜日の午前中にパパっとやってしまえば、週末も空きます。働いている気がしないです」

 こういう仕組みづくりはSEならでは。こうした作法で、新堂さんは月に約400人を各パーティ会場に送り込んでいる。元手のかからない集客屋は主催者と違いリスクもナシ。それどころか各会場にタダ入りして、女のコをゲットできる特典もある。

「一番潤うのは、イベントシーズンですね。クリスマスやハロウィンは、1日で100万円の収益になることも。おかげで、普段モテない僕が主催者と知り合いというだけで、かれこれ100人以上も食えちゃったんですから(笑)」

 イベント告知をするだけで大金が舞い込み、時にはセックスも。実にオイシイ副業なのだ。週刊SPA!7/17発売号では、「マジで儲かるヤバい副業」と題して、イベント集客屋のほかにも儲かる副業を紹介している。ぜひ参考にしてほしい。 <取材・文/高木瑞穂>

週刊SPA!7/24・31合併号(7/17発売)

表紙の人/向井理

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

ハッシュタグ




おすすめ記事