R-30

匿名ツイートなのに会社に通報…うかつな言葉にご用心

日本の夏、怪談の夏。でも、ちょっと待て。いるかいないかわからん幽霊より、もっと怖い話が身近にあるでしょ。てなわけで、会社と仕事にまつわる“生きた心地がしなかった体験”“冷や汗タラ~リ体験”を集めてみました。これで少しは暑さもやわらぐ……かも!?

― [口は災いの元]編 ―

 うかつに発した言葉が、身の毛もよだつ事態を招くことも……。

「会社の飲み会で回ってきた携帯にブ男の写メが。だいぶ酔ってた私が大爆笑しながら『誰これ、貧相な曙? クサそ~。絶対ないわ~!』と言った途端、場がシーン。そして遠くの席にいたアラフォーのボス女子社員が『ごめんね、貧相で』と一言。ようやくできた彼氏を自慢したくて写メを回していたらしく……」(35歳・女・派遣)

 その後、ボスの命令で女子社員全員から無視制裁を受けたとか。

「取引先のお客さんを応接室にお通ししてお茶を出したんだけど、そのお客さんがどう見てもヅラ。笑いをこらえながら給湯室に駆け込んで、『今の人、絶対ヅラだよね』『何であんな安物つけるかな~』なんて同僚と笑っていたら、急に同僚の一人の顔が凍りつく。ふと振り返ると、そこには能面のように無表情にたたずむ、そのお客さんが……」(38歳・女・薬品)

ツイート,トラブル まさに壁に耳あり障子に目ありだが、今のご時世、ツイッターの発言も気をつけなくてはならない。

「入社したての頃、『会社が狭くて上司との距離が20cmしかない』とツイートしたんだけど、間違えて会社のアカウントでつぶやいてしまっていた。すぐに削除するも会社の関係者にリツイートされてしまい、それを見た上司から『そんなに狭いか?』と嫌みを言われることに」(25歳・男・出版)

「『首都高で突っかかってきたメルセデスをブッちぎってやった』とツイートしたら、なぜか翌日、上司から大目玉を喰らった。車関係のクライアントから『おたくの社員の不謹慎なツイートを見た』とクレームが入ったらしい。自分のツイッターは匿名アカウント。どうやって僕を特定したのかわからなかっただけに、気持ち悪くて恐怖を感じた」(30歳・男・広告)

 みなさんもご注意を!

― 背筋が凍る[会社の恐怖体験]大全【9】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事