雑学

婚活ブーム×パワースポットブームで各地の「縁結び」スポットは欲望まみれ

パワースポットブームで、皆こぞって、「ご利益がある」場所へ詣でている。その場所のもつ”力”を否定するつもりは毛頭なく、このご時世、超常的なものにすがる気持ちもわからなくはない。が、そこに溢れるあまりの臆面のない”お願い”に、神様も大変だなあと思うのだ

欲望溢れるスポットを、訪ねてみた!
話題のパワースポット、海外ブランドのファミリーセールに
自己啓発セミナーなど、各地にダダ漏れする欲望をウォッチ!

【結婚した~い!】
 婚活ブーム×パワースポットブームで、各地の「縁結び」スポットは、どこも大賑わいとのこと。

 まずはテレビや雑誌でも話題のA神社へ。覚悟していたほどの大混雑ではなかったが、そんなに広くはない境内には常時30人ほどの女のコたち。ショーパンにタイツ、ショートブーツといういでたちのコが目立つ。派手さはないが、今ドキのファッションに身を包んだ彼女たちが皆、薄幸そうに見えるのは曇天のせいか?

 境内の中央に配された洋風のカフェテーブル&赤いハートクッションの存在の軽さが、婚活神社へのお参りもカジュアルに見せている。が、境内の一角の、鈴なりになっているおびただしい数の絵馬からは、ただならぬオーラが。

愛情豊かな心根の優しいお医者様で素敵な男性と結婚し、幸多い人生に」といった玉の輿祈願は当たり前。男性も男性で「美人で賢く優しく、学歴が高く、身長が165cm以上の女性と結婚できますようお願いいたします」と、妥協はなく、男と女のスレ違いを垣間見る。中には、「本日9回目の祈りです。世界一大好きな○○さんと一緒にいたい。毎日苦しいです。助けてください。死ぬほど好きです」なんてのもあって。

 その思いの重さに臆して、早々にその場を立ち去ったのだった。

初詣でと見まがう大行列の参拝客

 続いて訪れたB神社。拝殿から鳥居まで続く列に圧倒。初詣でかよ!? 参拝者の9割5分は女性で、女子中高生のグループから大学生ギャル、地味めな”ご婦人”世代まで年齢層は幅広い。参拝後、決められたルートを辿るように、その一群は縁結びお守りやお札が並ぶ授与所へ。

 縁結びのお守りを買った女子たちは、「幸せになれるやつも買う?」と楽しそう。そんな無邪気な女子の傍らには、御祈祷受付にて粛々と予約手続きを行うアラサーと見受けられる女性の姿。

 お神酒が配られている広場でも、20代前半とおぼしき女子が”恋みくじ”を引いてキャッキャと騒いでいる一方、アラサー風の女性は神妙な面持ちで絵馬などに思いをしたためている。宮内では結婚式も執り行われており、その様子を物寂しそうに眺める人も。

 そんな後ろ姿を見ていて実感。婚活中の男性にとって婚活神社は出会い系スポットだ!? ただし、「石川遼クンに似た顔と体で私より背が高く、野球観戦やいろんなところに連れてってくれる人。経済力があり車を持っている人。私のすべてを受け入れてくれる人。私より年下の男性が希望」といった条件をクリアできるかは知らないが。

101221_BKR_01.jpg

境内にあるカフェテーブルに座って、おみくじを見せあう女子たち

101221_BKR_03.jpg

日曜日だったとはいえ、正月並みの大行列。神前に行くのも大変なのだ

― [強欲すぎる願掛け]に唖然!【1】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事