R-30

妻の給料知ってる?「過少申告で小遣い月25万円」も

夫婦とはいえ秘密のひとつやふたつあるものである。「へそくり」だって想定内……と思っている人も多いだろう。が、オンナは無邪気に、そしてしたたかに“現実”に備えている。知らぬは男ばかりなりの、嫁の裏金事情をここに紹介。他人事ではない、かも

【秘密のお小遣い:月25万円】

◆給与の過少申告でできたお小遣いで自分磨き。それも旦那のため!?
江口佳代さん(仮名・33歳)

妻の給料,ヘソクリ

画像はイメージです

「残業代の支払いに制限がある」ということにして、月35万円の収入を、夫には「25万円」と過少申告しているのが江口佳代さん。

 夫婦の家計管理を聞くと、夫が家賃などの固定費を出し、彼女が食費を負担。舵を握るのはしっかり者の彼で、妻から毎月10万円を預かり、貯蓄をしているという。

「その10万円さえ渡せば、あとはノータッチなんです。もともと人に関心がないタイプだし。だから、私が週末にサロンに行っているのは知ってるけど、その額までは知らない。実は私、毎月15万円くらい美容に使ってるんです。美容歯科、化粧品、ネイル、美容院……。一番大きいのは、全身脱毛の月10万円。男の人は脱毛がそんなにかかるって知らないから、聞いたらビックリするでしょうね!」

 無邪気に語る江口さんだが、「それも愛する夫のため」なのか。

「大きな意味では旦那のためかなあ。子供ができてプールに行きたいと言われたとき、『お母さん毛がボーボーだから』と断りたくないし。あと、旦那さんの先輩の奥さんがキレイなんですよ。奥さんのレベル=旦那さんのレベルだから。もし私が田舎の専業主婦だったら、状況は違ってたとは思います」

 が、よくよく聞けば、ほかにも理由があるようで。

「私、ストレスを買い物やキレイになるためにお金を使うことで解消してるんです。これを抑制されると、自分がツラくなる。この感覚、男の人は理解できないよね」

 夫は、週末になると彼女好みのレストランに、半年に一度は旅行に連れていってくれる、「超いい旦那」。当然、離婚の気配は一切ない。

「旦那さん、結婚前に一度私を振ったことがあって、それを引け目に思ってるみたいで。……思い出した。振られた理由が、当時私が安心して、彼の前で化粧しなくなるわ太るわでボロボロになったからだ。『僕を男として見てくれてない』と言われたんです。私自身そんなつもりなかったから超泣いたし後悔した。だから今頑張ってるのかも! ふふ」

― 男が知らない[嫁の裏金](驚)事情【3】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事