恋愛・結婚

男をヤリ捨てる女の特徴「クラブでナンパされるのが優越感」

男はまずSEX、女は付き合った末にSEXというイメージとは逆に、男がヤリ捨てられて傷ついているという逆転現象を最近よく耳にする。そこで、タイプ別のヤリ捨て女たちの行動原理を観察していこう。

【幸せ探求系】SEXは目的じゃなくて優越感を得るための手段

 前回紹介した例のように、(http://nikkan-spa.jp/279625)この幸せ探求系のヤリ捨て女は「自分に自信がない」「誰かに認められたい」と精神的にもろく、承認欲求が強い傾向がある。彼女たちにとってSEXは“目的”ではなく、あくまで自分の感情や願望を満たすための“手段”でしかない。

ヤリ捨て 例えば「相手の両親や友人に『良い子』と認められたらそれがゴール」と語る羽柴幸江さん(仮名・24歳・派遣)などもまた、その典型だ。

「自信がない私でも愛される価値があるのか、女としてのレベルはどの程度なのかを知りたい。そのために手っ取り早い方法が、“彼氏の友人や両親にどのくらい気に入られるか”を見ることなんです」

 彼氏といっても、彼女が自ら告白することはない。

「どんなに恋人っぽい雰囲気でも、目的を達成したら『私は付き合うなんて一言も言っていない』と言いくるめます。彼氏の知人や両親に褒められることで心のバランスを保っている状態なので、そのお礼として一回SEXをしてからバイバイします。でもいくら褒められてもなかなか満足ができないんですよね……」

 どれほど能動的に動いても、結局は相手どころか自分さえも幸せを得ていないという不毛な結果に。

 さらに「優越感に浸ることで精神的に満足する」という例もある。

「女友達とクラブに行き、自分だけがナンパされて、“特別扱い”をされているのがたまらなく気持ちいい。優越感を感じられるこの瞬間が唯一の至福の時間です。その流れでヤッちゃうことが多いだけで、SEX自体にはそんなに興味はありません」(23歳・販売員)

 ほかにも、「別れたときに悲しくなるくらいなら、関係が浅い間にサヨナラして、自分にかかる負担を減らす」(22歳・大学生)など、身勝手なポリシーで迷走する“幸せ探求系”女は後を絶たない。

 では、このタイプに出会ったとき、男はどう対処すればいい?

「幸せ探求系は、女が意図的に男をだましたり、最初から男を信用していなかったりするので、一概に『男が情けない』とは言えない。一緒に泥沼に沈む覚悟をするか、決断をする必要があります」(大泉さん)

 男が深追いすれば、身を滅ぼす危険性があるのが、幸せ探求系女の特徴のようだ。

イラスト/牧 沙織
― [男をヤリ捨てる女たち]の意外な言い訳【3】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事