雑学

稲本&田中だけじゃない有名人ツイッター被害者

有名税では片づけられない(?)被害

稲本&田中だけじゃない有名人被害者

 サッカー元日本代表の稲本潤一選手とモデルの田中美保ちゃんの密会を、ウェスティンホテル東京のアルバイト女子大生がツイッター上で書き込みし、話題になったのは1月半ば。ネット上では当然のことながら「守秘義務守らなきゃイカんでしょ!」という批判が相次ぎ、炎上する騒ぎに。だが、イタい思いをしたのは、この稲本&田中カップルだけではない。

 実は彼女、ほかにも「大沢たかおが店に来た……!」「うちにStevie Wonderが泊まってるらしい!会いたいー笑」「明日タイガーウッズ来るらしい背とか何もかもが大きくて迫力ありそう(笑)」「明日もバイトなわけだが……明日は超超VIPな人が来る。うちのレストランのマネ2人が玄関に迎えに行く程の。警視庁のSPが警備に来るとかどんだけwwwwww」「日銀の総裁と日産のCEOwwwww たぶん円高への対応と中国と今後の日本経済についての密談じゃないかな?」などなど、つぶやきまくっていたのだ。この一件で、ウェスティンホテル東京総支配人がホームページ上で謝罪文を掲載しているが、就業規則以前の問題でもある。従業員のモラルのなさによって、失ったものは大きい……。

110215_BKR_08.jpg
ホテルの女子大生アルバイトによるツイート。現在、アカウントは削除されている

本音をのぞかせ好感度アップ

 炎上から好感度アップに繋がったのは、人気声優の平野綾だ。

 本業のアニメではなく、バラエティ番組への露出が増えていることに批判的なフォロワーの意見に対し、「バッシングする方。フォローするのをやめてもいいのですよ?」「声優は声優しかやっちゃいけないなんて決まりどこにもないよね!」などと自ら強気に発言。

 それによって「やめりゃいいのに」などのアンチ派と、ファンとの間で大論争が巻き起こったが、本人が沈黙することなく自ら心境を述べたことで好感度が上がるという結果になった。そこで、平野綾ちゃんに本誌もコメントを求めたが、残念ながら返答なし。

一枚上を行く、リプライが評判の乙武氏

110215_BKR_09.jpg
 また、思わず感嘆の声を上げたくなるほどの鮮やかな返しで話題になっているのは、『五体不満足』著者で作家の乙武洋匡氏。ユーザーから、「指紋あるんですか?」という質問があった際、乙武氏はこうコメント。「ないです! 完全犯罪Ψ(`∀´#)足もつかないし(笑)」。

 本来ならば、投稿者の人間性が疑われる質問であるにもかかわらず、怒りを露わにするでも無視するでもなく、自虐ギャグを交えて返した乙武氏。そのユーモアのセンスにネット上でも賞賛の声が続出した。今回、改めてこの被害に遭ったときの心境を伺うと……。

「『被害に遭った心境は?』と言われても、被害だなんて思っていないんです。どんな内容のつぶやきでも、僕自身はそこから大きな気づきを得ている。ですから、フォロワーすべての方々に深く感謝をしています」とはさすがである!

乙武洋匡氏
’76年生まれ。作家。キャスター、スポーツライター等を経験し、’07年4月から’10年3月まで小学校教諭として勤務。現在はメディアを通して教育現場で得た経験を発信する活動を柱としている。詳細は、
www.ototake.com

お笑い芸人のナンパ行為と浮気バレも

 また、ツイッターをナンパ利用しまくっているという噂で有名なのは、吉本興業の芸人たちだ。NON STYLEの井上裕介やライセンスの藤原一裕がツイッターでナンパを行っていると話題になり、あまりの多さに、某掲示板の「Twitter芸人スレッド」では、これまでの吉本芸人のトラブルをまとめたテンプレートまで貼られているそう。

 さらに、浮気がバレた芸人もいるもよう。現在、女優・夏川結衣と交際中と噂されているチュートリアル・徳井義実だ。

「いやいや、だいたい彼女いるのにメールしてる時点で好感度もなにもないよ…でも嬉しくてニヤニヤしながらメールしてました。DMでも普通のメールでも俺は全然大丈夫!アンちゃんの睡眠時間奪ったら悪いからそろそろ終わるわ。もし嫌じゃなければ、またメール遅らせてください」(原文ママ)。これは「アン」という女性との間で、非公開の「DM(ダイレクトメール)」の機能を利用したやりとりだったつもりが、うっかりミスによって、公開でつぶやいてしまったということのようだ。

― 急拡大!ツイッター被害報告【7】 ―




おすすめ記事